1億2700万人のうちの誰かのために

東京の誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

スタディサプリ特別企画、お悩み相談室を見てみた

f:id:hagon:20170722234904j:image

 

今日の20時から、スタディサプリの生放送でお悩み相談室という番組がありました。

 

受験生から事前に募集した悩みについて、日本史の伊藤賀一先生と英語の肘井学先生が答えていくというものでした。

 

これが大好評で30分延長される程でしたので紹介していきます。

 

1.暗記について

 

暗記について先生方が話していました。

 

「暗記が苦手」ということに対して、伊藤先生は「それは当事者意識が欠如しているだけ」と答えていました。

 

確かに、本当に自分がやらなければいけないと思っていれば、覚えられるはずです。

 

というより、「暗記が苦手」としのごの言わず、覚えようとするはずです。

 

肘井先生は「定着するまでの反復が足りない」と言っていました。

 

受験生が思っている以上に反復しておかないと定着はしないようです。

 

まとめると「当事者意識を持って何度も何度も繰り返すこと」が大切なようです。

 

2.メンタル面について

 

メンタル面の質問も多かったですね。

 

これについては、「身体を鍛えると良い」という意見が出ました。

 

先生方はお二人とも筋トレをしているようです。

 

健全な精神は健全な肉体に宿るという言葉もありますし、身体を鍛えることはメンタル面にも効果的なようです。

 

確かに、鍛えている間はそのことに集中していて、無の状態になれますし、切り替える意味でも良いと思います。

 

それから経験を積むこと。

 

受験が心配なら、一つ一つの模試に対して本番と同じような感覚で臨むことですね。

 

経験があればある程度余裕を持つことができます。

 

これは受験に関してのみではなく、何事においてもそうですよね。

 

3.今に全力で

 

肘井先生は「不安というものは未来のことを考えると起きるものだから、今日のノルマを決めて全力で取り組むべき」と言っていました。

 

大人になって仕事を始めてからもそうですよね。

 

いろいろと不安なことはありますが、今のことに集中して結果を出せば自ずと次の仕事がやってきますから。

 

そういえば、以前に紹介した本『感動する日本史』の作者である白駒妃登美さんも「不安というのは未来や過去のことから起きるもの、今を生きることに全力を注ぐべき」という内容のことを書いていました。

 

日本史の感動エピソード満載!!〜『感動する!日本史』〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために

 

人間関係に悩む人へ〜『愛されたいなら日本史に聞こう』が処方箋になるかも〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために

 

「今やるべきことに全力を尽くす」ことが大切なようです。

 

4.国公立入試に必要な5教科は最強

 

これは伊藤先生が言っていました。

 

5教科は足腰の部分で、実学として即効性のあるものではないが、虚学として必ず人生に生きてくると。

 

高校で習う教科は人類の叡智の結晶ですから、それを学ぶことはとても価値のあることだと意識できるようになると良いですね。

 

また、英語に関してはビジネスの現場では「当然できるよね」というテンションで相手がやって来るらしく、既にスタンダードになっているとようです。

 

これらのことを聞くと勉強のモチベーションも高まりますね。

 

 

関連記事

伊藤賀一先生のツイッターがためになる - 1億2700万人のうちの誰かのために

スタディサプリ講師、伊藤賀一先生の著書『世界一おもしろい日本史の授業』 - 1億2700万人のうちの誰かのために

スタディサプリ伊藤賀一先生と高崎圭吾さんの対談動画がタメになる - 1億2700万人のうちの誰かのために

受験勉強のやる気が出ない時にはこの本を読もう - 1億2700万人のうちの誰かのために

N予備校の現代文の授業に参加してみた感想

f:id:hagon:20170721234243j:image

 

今日の21時からN予備校の受験キャッチアップ講座がありました。

 

教科は現代文です。

 

今までもアーカイブで録画授業を受けたことはありましたが、現代文の生授業を受けたのは初めてでした。

 

やっぱり生授業は良いと思ったので記事にします。

 

1.コメントハンター

 

現代文の高橋先生はコメントハンターを名乗っています。

 

これはどういうことかというと、視聴者のコメントを拾いまくるということです。

 

コンプライアンス的にアウトでないものは、ほとんど拾って高橋先生が反応してくれます。

 

これはけっこう嬉しいものですよ。

 

また、先生が「その通りだね」と褒めてくれたり、「それ面白いなぁ」と笑ってくれたりしますので、次はいかに良いコメントをしようかとか、考えてしまいます。

 

授業内容はもちろん素晴らしいものなのですが、それに加えてコメントを積極的に拾ってくれるのが現代文の生授業の醍醐味ですね。

 

2.小説を味わう

 

今回私が見た講座で扱っていたのは、横光利一の小説でした。

 

問題は上智大学の過去問らしく、なかなか難しかったです。

 

問題を解くテクニックももちろん学べるのですが、それ以上に横光利一の文学的な文章を高橋先生と一緒に味わうことができました。

 

自分一人で小説を読んでいても「この解釈で良いのかな」「ここはどういう意味なんだろう」と考えてしまいますが、そこに一つの模範解答が提示されるのが楽しいですね。

 

こういう授業をずっと受けていればそりゃあ力付くと思いますよ。

 

そして、現代文で培った読解力は一生モノですから。

 

3.ごまかしがない

 

授業にごまかしがないのが良いですよね。

 

というか、こちらがコメントでツッコめる仕様ですので、解答の根拠を誤魔化すことはできません。

 

本当に丁寧に、一つ一つの選択肢について吟味して解説してくれます。

 

疑問に思ってもその都度質問をすれば解答してくれますので、集団授業でありながら自分の疑問が解決できます。

 

4.みんなでワイワイ

 

今日の授業でもコメントがかなり盛り上がっていました。

 

ニコニコ動画のように映像の上から文字でコメントが表示されます。

 

これがかなり盛り上がっていました。

 

もちろん、私も五回ぐらいコメントを送っています。

 

N予備校の双方向、学び合いの醍醐味を楽しむことができました。

 

関連記事

N予備校の英語の授業〜英文法の知識を読解に役立てる方法が学べる〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために

【超オススメ】N予備校がすごい!! 社会科編 - 1億2700万人のうちの誰かのために

【超オススメ】N予備校がすごい 数学編 - 1億2700万人のうちの誰かのために

 

テイルズオブザレイズの感想〜人気キャラがたくさん登場で楽しい〜

スマホアプリのゲームにテイルズオブザレイズがあります。

 

定期的に発売されるテイルズオブシリーズのお祭りゲームですね。

 

スマホで基本プレイは無料ということで、遅ればせながら私もプレイしてみました。

 

これがけっこう面白くて、ハマってしまっています。

 

もちろん、課金はしません。

 

それでも存分に楽しめていますよ。

 

今回はテイルズオブザレイズをプレイしてみた感想を書いていきます。

 

1.人気キャラが集結

 

過去作の人気キャラが各章ごとに登場します。

 

例えば、第一章では、キャラクター人気投票殿堂入りの、テイルズオブヴェスペリアの主人公ユーリが登場します。

 

序盤からいきなり人気キャラ投入ということで、一気にこのゲームに惹きつけられました。

 

序盤は最近の作品の主人公格が登場します。

 

正直、私はヴェスペリアぐらいまでのキャラクターしか知らないのですが、それでも楽しめていますよ。

 

でも、知っているキャラクターや思い入れのあるキャラクターが出てくるとより楽しめますよね。

 

2.技を早く覚えよう

 

課金をしなくても、だいたいシナリオを五つ分進めれば、ガチャを一回できます。

 

これで技を覚えられるようになると、すごく楽しくなってきます。

 

スマホでもテイルズの爽快感のあるバトルができるとは思いませんでした。

 

3.主人公たちが良い関係

 

過去作のテイルズでは、ストーリーが重くなりがちであったり、ヒロインとの関係も一筋縄ではいかなかったりということがありました。

 

今回はお祭りゲームということもあるのか、主人公イクスとヒロインのミリーナがとても良い関係です。

 

ミリーナがイクスに恋心を抱いているという設定なのですが、イクスのことを本当に心から励ましてくれます。

 

その関係性を見ているだけでこちらもホッコリした気分になれますよ。

 

4.スマホゲームならではの良さ

 

テイルズオブザレイズはスマホゲームなので、シナリオがどんどんと増えていきますし、期間限定イベントなどで仲間が増えたりもします。

 

また、ユーザーの要望も反映しつつアップデートは行われるため、より快適に楽しくプレイできるようになっていきますよね。

 

これがスマホゲームの良さだと思います。

 

課金せずともかなりのボリュームを楽しむことができますので、テイルズファンの方はやってみる価値がありますよ。

 

 

過去のテイルズのお祭りゲームの一つを貼っておきます。

 

テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3

テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3

 

 

 

三科光平『考えるで人生は変わる』の感想

今回はカリスマ美容師の三科光平さんの本『「考える」で人生は変わる』についてです。

 

以前にこういう記事を書きました。

 

カリスマ美容師の三科光平さんが本を執筆 - 1億2700万人のうちの誰かのために

 

やっと本を手に入れることができました。

 

三科光平さんは常に結果を出し続けている人ですので、生き方論はとても参考になると思います。

 

1.目標を設定することの大切さ

 

夢ではなく目標を設定すること。

 

そして、目標から戦略的に逆算すること。

 

この本を読めば、なりたい自分になるための戦略の立て方を学べます。

 

戦略を立てた上で動いている人間と、戦略も立てずに漫然と生きている人間とでは、結果に大きな差が生まれると私は思います。

 

過去に三科さんがどのように考えて行動し、現在のポジションを手に入れたかということが詳細に書いてあります。

 

まだ将来自分がどうなりたいか決まっていない人はぜひ読んでみることをオススメします。

 

2.真面目であること

 

中高生だと特に、「真面目であること」は「かっこ悪いこと」だと考えがちではないでしょうか。

 

中高時代のイケているグループに所属している人は、確かに不良系が多かったような気がします。

 

美容師にしても、けっこうヤンチャ系の人が多いというイメージを私は勝手に抱いています。

 

ところが、三科さんはすごくかっこいいですし、ヤンチャ系でもなさそうな感じです。

 

きちんと自分の考えを持って動いてきた方なんだなと感じました。

 

そして、真面目な人、そして真面目であることに悩んでいる人は、この本を読めば勇気をもらえると思います。

 

ここでの真面目さとは、自分の将来について真剣に考えて行動している人のことです。

 

決して、言われたことを盲目的に実行し続ける人のことではありません。

 

三科さんの本を読めば、自分の芯を持ってそれに向かって突き進んでいっても良いんだと背中を押してもらえたような気がします。

 

3.oceanの立ち上げに関わることになって経緯

 

そして、私が一番知りたかったのがこの点でした。

 

アクロスという安定して有名サロンにいながらも、辞めてoceanの立ち上げに関わることになった経緯がすごく気になっていました。

 

その点について、oceanの代表の高木さんからのコメントがあります。

 

同僚から見た三科さんの人間像もたくさん描かれていますので、三科さんファンの方にもオススメです。

 

「考える」で人生は変わる ~日本一予約がとれない美容師になれた理由

「考える」で人生は変わる ~日本一予約がとれない美容師になれた理由

 

 



東大日本史を学べる本Part1、『東大の日本史「超」講義』

東大の日本史って面白いよという趣旨の本がたくさん出版されています。

 

私はそのだいたいを購入しましたので、順番に記事にしていきます。

 

今回は東進ハイスクールでも教鞭をとられていた相澤理先生の『東大の日本史「超」講義』についてです。

 

1.構成

 

実際に編集者が東大の入試問題を解いてみて、その解説を先生が行った後に添削と模範解答例が示されます。

 

私は東大を受けるためではなく日本史を学ぶために読みましたので、問題を実際に解かずに読みました。

 

でも受験生や東大受験を考えている人は、この本で東大の入試問題に向き合うことができます。

 

真剣に考えて問題を解いて、しっかり解説を読み込めば、東大を受けるための日本史力が身につくようです。

 

同じ相澤先生の著書に『東大のディープな日本史』シリーズがありますが、そっちよりも東大受験生よりの本になっています。

 

2.独学できる

 

よって、この本を使うことで東大の日本史に対応しうるだけの独学ができます。

 

もちろん、収録されている問題数は問題集には及びませんが、一つ一つの解説が丁寧なので、一つの問題からたくさんのことを学べます。

 

そして、編集者が実際に問題を解いていてそこにダメ出ししていくという形式なので、本番でどういう書き方をすると減点になるのかなどもよく分かります。

 

論述初心者が陥りがちな、知っていることを書いただけで問いに対する答えになっていない、ただ事実を並べただけのような解答はバッサリと斬られてしまいますよ。

 

そういう論述の基礎からこの本で学ぶことができます。

 

なので、東大以外の大学を受ける人にとってもプラスになることは間違いなしです。

 

3.時代順で日本史を学べる

 

もちろん、一般の大人が日本史を学び直すのにも役に立ちます。

 

時代順に並んでいますし、かなり噛み砕いて書いてくれていますので。

 

過去に私が紹介してきた読みやすい語り口調の日本史本で軽く日本史の全貌を掴んだ後に読むと、より深い所まで学べて効果がありますよ。

 

スタディサプリ講師、伊藤賀一先生の著書『世界一おもしろい日本史の授業』 - 1億2700万人のうちの誰かのために

 

4.日本史力を上げよう

 

日本史のストーリーをザッと学んだ後は、より深い所まで考えたくなるものです。

 

歴史を大きく見る視点であったり、いくつかの時代を比べてみる視点であったり、あるいは一つの時代についての根本理解であったり、そういう所に目がいくようになります。

 

ある程度の知識があれば、そういう教養を楽しむことができるのです。

 

この本を読むとまさに日本史の教養が身につきます。

 

 

 

 

ユーチューバーがヒアリ関連の動画を上げている今、私はハンターハンターのキメラアント編を思い出していた!

f:id:hagon:20170717224826j:image

 

この記事は思ったことを書いただけのただの雑記です。

 

先日からヒアリが日本列島に上陸してきたということが話題になっています。

 

各地の港で死骸が発見されていたりと、なかなか深刻な状況のようですが、よく今まで入ってこなかったなとも思えます。

 

なぜ今年に限ってこんなに各地で発見されるのか。

 

もしかしたら、突然変異で生まれた高い知能を持つヒアリの女王が、戦略的に日本列島に働きアリを送り込んでいるのかもしれません笑

 

まさにハンターハンターのキメラアント編ですね。

 

と、こんな冗談はさておき、いろんなユーチューバーがヒアリらしきものを捕獲していましたので紹介します。

 

1.アディ男の場合

 

最近チャンネルを開設したアディ男さん。

 

身体を張った企画やギャルに声を掛ける企画で伸びています。

 

そんなアディ男さんが、神戸でヒアリっぽいアリを見つけたということで、警察に通報していました。

 

警察官が数人駆け付けてくるという、けっこうな騒ぎになっていましたよ。

 

2.フィッシャーズの場合

 

アリを捕獲するという企画で偶然ヒアリっぽいアリを見つけたようです。

 

確かに形が似ているということで捕獲、いったん交番に行くも、「環境省に行く方が良い」とアドバイスされ環境省に向かいました。

 

ここらへんはさすが東京ですね。

 

ところが、環境省が休みの日だったため、再び交番へ。

 

なんとメンバーの二人が事情説明のためパトカーに乗って行っていました。

 

けっこう大事になっていますよね。

 

3.まとめ

 

どちらの事例にせよ、警察はかなり危機感を持って迅速に対応していることが分かりました。

 

結果的にはどちらもヒアリではなかったようですが、それでも情報提供はありがたいという感じだったようです。

 

我々の感覚では「アリぐらいで警察を呼んでいいのか」と躊躇ってしまいがちですが、ヒアリっぽいのを見つけたら届け出た方が良さそうですね。

 

そして、ハンターハンターの世界観のようにはさすがにならないでしょうが、ヒアリは日本にはあまり入ってきて欲しくはないですね。

 

警察や環境省がそれだけ力を入れて連携を取って食い止めようとしてくれているのに、少し安心しました。

 

それにしても、ヒアリっぽいアリが意外にもいるもんなんですね。

 

日本のアリは黒いと思っていましたが、赤みがかったアリもいたとは。

 

今後もヒアリ関連の動画は上がってくると思います。

 

そして、本当にユーチューバーが見つけたりすることもあるかもしれませんね。

日本地理をザッと学びたい人にオススメの本、『読むだけですっきりわかる日本地理』

日本地理をザッと網羅的に学べる本を探していた所、この本に出会いました。

 

同じシリーズで歴史版があるのは知っていましたが、地理も出版されていたとは!?

 

早速購入しましたので、紹介します。

 

1.網羅的に学べる

 

大人が最後に日本地理を網羅的に学んだのはいつでしょうか?

 

恐らく、中一の時が最後なのではないかと思います。

 

しかも、中一の地理は世界地理が大変ですから、日本地理の方はあまり記憶に残らないんですよね、、、

 

高校の地理は、「世界の中の日本」という面があるので、日本を客観視する視点は身に付きますが、日本地理について網羅的には学べません。

 

となると、日本にいるのに日本の地理があまり分かっていないという人がたくさんいるのではないでしょうか。

 

かつての私がそうでしたから。

 

この『読むだけですっきりわかる日本地理』を読めば、日本地理についてかなり網羅的に、体系的に学べますよ。

 

2.構成

 

本の構成は、各地域別に章分けされています。

 

そして、その章の中でさらに「地形」「気候」「農業」「畜産」などなど、項目がたくさんあり、その解説が書かれています。

 

この本一冊で、「日本地理には自信がある」と胸を張って言えるぐらいにまで知識を身につけることができるのです。

 

3.魅力

 

読んでいくうちに様々な知識か繋がってきます。

 

いろんな関連事項や作者が旅行に行った時の話などが散りばめられているからです。

 

楽しい語り口調で、実際に旅行に行った気分になれますし、スマホで気になった土地を画像検索すれば効果は倍増です。

 

そして、知識があれば旅行はより楽しくなります。

 

過去にその土地にどのような人がいたのか、どんな歴史的出来事があったのかを知れば、当時の人々の暮らしに思いを馳せることができます。

 

どのような特産品が有名なのかを知れば、それを食べた時の感慨も変わってきます。

 

ガイドブックでも良いですが、もう少し学問的に、体系的に、でも堅苦しくなり過ぎず、丁度良い塩梅で知識を得ることができる所がオススメです。

 

 

 

 

読むだけですっきりわかる日本地理 (宝島SUGOI文庫)

読むだけですっきりわかる日本地理 (宝島SUGOI文庫)