読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1億2700万人のうちの誰かのために

さすらいの塾講師が、誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

学校や塾の先生を利用しよう

f:id:hagon:20170326082646j:image

 

学生の皆さん、学校や塾の先生を上手く利用していますか?

 

利用するというと言い方が少し悪いですが、先生達は質問に来てくれることを待っていますよ。

 

1.先生に変に気を遣わなくていい、グイグイいこう!!

 

勉強のことで質問や、その他のことで相談がある場合、気を遣わなくいいです。

 

むしろグイグイいってください。

 

先生達も、その職業を選んだ以上は、真剣に悩んでいる子の少しでも役に立ちたいと思っていますし、学者面でも気にかけていますので、質問や相談は大歓迎ですよ。

 

くだらないおしゃべりをする場合はさすがに空気を読まないといけないですが、真剣なものなら親身になって対応してくれはずです。

 

そこに、「この時間の給料は、、、」などというちっぽけな思考は存在していません。

 

ですので、学生の方で少しでも質問があればどんどんいきましょう。

 

2.そもそも質問や疑問が出るようや授業をするのが悪い、先生側に問題がある

 

これは、確か東進ハイスクール林修先生がこのような考えをお持ちだったと思います。

 

質問には親身に対応するが、質問に来たということは自分の授業が分かりにくかったということ、それは反省すべきだという内容でした。

 

世の中の先生たちも、この考え方は見習って欲しいですね。

 

3.過去に担当してもらった先生は穴場だよ

 

受験生になると現在担当してくれている先生への質問がいっぱいで、順番待ちになることもありますよね。

 

そういう場合は過去にお世話になった先生に質問しましょう。

 

受験生を担当していない先生の所は相対的に質問をするライバルが少ない分、暇してることも多いですから。

 

そういう時に過去に担当していた生徒が質問に来てくれたら、先生側からすると嬉しいものですよ。

 

私も実際、過去にお世話になった先生の所に数学の質問など積極的に行っていましたが、どの先生も親身に対応して下さいましたよ。

 

4.なんならよく知らない先生の所にでも質問にいっちゃえ!!

 

これはなかなか上級編ですが、別に「知らない先生に質問に行ってはいけない」なんていう決まりはないのですから、行けばいいのですよ。

 

このパターンの場合、さすがに先生の側も最初は面食らうでしょうが、好意的に思います。

「この子面白いな」と。

 

そして、忙しくなければ親身に対応してくれると思いますよ。

 

そしてこういうコミュニケーションは自分自身の幅を広げることにもなりますので、大切ですね。

 

 

 

48グループ、坂道グループの春曲を比較してみた

音楽

f:id:hagon:20170325023436j:image

 

2017年春に発売される、48グループ、坂道グループの新曲が、ユーチューブで公式チャンネルにアップロードされていたので、それぞれ10回以上聴いてみました。

 

1.AKB48シュートサイン』

 

落ち着いた歌謡曲で昭和を感じさせます。

 

AKBは時々こういう昭和感のある曲をリリースしますよね。

 

聴いた瞬間から耳なじみが良く、すぐに節を覚えて口ずさめるような楽曲になっています。

 

さて、タイトルのシュートサインとはどういう意味なのか、私は全然分かりませんでしたが、こちらの記事を見てよく分かりましたので、リンクを載せておきます。

 

AKB新曲の『シュートサイン』じつはプロレスを破壊する隠語だった|ニフティニュース

 

どうやらプロレス用語のようですが、あまりプロレスラーにとっては好ましくないもののようですね。

 

アイドルの曲ですから、プロレスのシュートサインを恋愛に喩えたものになっています。

 

それにしても、AKBは本家ということもあり、メンバーのオールスター感がすごいですね。

 

各支店グループのエース級が一堂に会しているのが圧巻です。

 

2.NGT48『青春時計』

 

こちらは新潟のNGT48のデビュー曲ですね。

 

私が今回紹介する4曲の中でも一番リピートしているものです。

 

爽やかな曲調といい、新潟のスポットを押し出しているミュージックビデオといい、また、デビュー曲という「これからの頑張りを期待させてくれる」感じといい、とても素敵な楽曲です。

 

ラップ調からの、どこか懐かしい感じのメロディライン、すごくオススメです。

 

今後も頑張って欲しいと思わせてくれる楽曲でした。

 

3.乃木坂46インフルエンサー

 

これはテンポの良いダンスナンバーです。

 

内容はすごく切ないですが、本気の恋愛、特に片想いを経験したことのある人にとってはすごく共感できる曲です。

 

「あっ、そうそう、片想いしていた時って何をしていても相手のことを考えてしまうし、そういう意味で影響を与えられているなあ」と感じます。

 

だからこそ、題名が『インフルエンサー』なんでしょうね。

 

4.欅坂46『不協和音』

 

さすがは欅坂、タイトルの印象が強すぎますね。

 

漢字4字でこれだけのインパクトを出せるのもすごいですよね。

 

イントロからかっこいいですし、激しいです、

 

あの鮮烈なデビュー曲『サイレントマジョリティ』のアンサー曲とも言われています。

 

相変わらずかっこいい雰囲気も健在ですし、欅坂は今後もこういった路線を進んでいくのでしょうか。

 

5.まとめ

 

全体的にこの春の曲はかっこいい感じの曲が多いです。

 

ただ、デビュー曲という背景や温かみのあるという意味で私は『青春時計』を推しています。

 

 

 

 

はじめしゃちょーのスキャンダルから学ぶ〜プライペートな出来事に謝罪は必要なの?〜

ユーチューバー 生き方

f:id:hagon:20170324005918p:image

 

今回のはじめしゃちょーのスキャンダル騒動から話を広げ、有名人がプライペートでの騒動で世間に謝る必要があるのかについて書いていきます。

 

1.世間への謝罪は必要!?

 

感情的には私も必要はないと思っています。

 

ですが、世の中には騒動やスキャンダルを無視することを好まず、謝罪を求める人も多いのも事実です。

 

そういう人たちは謝罪をした所で結局納得はしないのですが、それでも成功者が頭を下げている姿を見ることで優越感に浸り、騒動のことを忘れてくれることがあります。

 

騒動を起こした側にとって一番嫌なのは、いつまでも蒸し返されることですよね。

 

なので、形だけでも謝罪している所を見せることで早く忘れてもらうことができるのなら、ここは一つ大人になってそうするべきでしょう。

 

何よりも自分のために。

 

2.ライトな視聴者層の同情を誘うことができる

 

私ははじめしゃちょーのファンではありませんので、毎日彼の動画を見るということはなかったですが、週に1回ぐらいは見ていました。

 

そんなライトな視聴者の私は、あの謝罪動画を見て「迅速な対応は素晴らしい。これにめげず頑張って欲しい」と思いました。

 

炎上を叩きたいだけの人や熱狂的なファンはそんなに多くはなく、一番数が多いであろうライトな視聴者層の同情を誘うことができるので、謝罪しておくことはかなり効果的です。

 

もちろん、そういう風に考えていることを悟られてはいけませんよ。

 

裏でせせら笑っているベッキーパターンは、ライトな視聴者層までも怒らせることになってしまいますから。

 

3.まとめ

 

プライペートでの騒動については基本的には当事者同士が納得して解決していればそれで良いはずです。

 

私たちは今回の騒動で何も迷惑をかけられていない訳で、迷惑をかけた人に対して誠心誠意謝罪をし、相手が許してくれればそれで良いじゃないですか。

 

ところが人気商売の有名人の場合、最近はそうもいかなくなってきています。

 

この世の中の流れに対して逆らうのも良いですが、相当の覚悟が必要でしょう。

 

それなら、素直に謝ってしまうのが一番早く復帰する近道なのではないかと思います。

 

もちろん、法を犯している場合はダメですが。

 

 

 

ユーチューバーに関する過去の記事はこちら

はじめしゃちょーのスキャンダル〜謝罪の仕方は正解か〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために

はじめしゃちょーにスキャンダル発覚〜フリーで活動する人に大切なこと〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために

オススメのユーチューバー3選〜このチャンネルをチェックしておけば間違いない〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために

上を目指す人必見!! 【ユーチューバー】ヒカルから学べること - 1億2700万人のうちの誰かのために

 

はじめしゃちょーのスキャンダル〜謝罪の仕方は正解か〜

ユーチューバー

先ほど、はじめしゃちょーのチャンネルで今回の騒動についての経緯の説明が為されていました。

 

今回はそのことについてまとめ、謝罪の方法として適していたのかを検証していきたいと思います。

 

1.そもそもの経緯

 

そもそも、はじめしゃちょーに彼女がいた所で何も問題はないですよね。

 

今回は、彼女との交際時期に別の女性とも関係を持っていたのではないかということが問題となっていました。

 

また、その交際相手がなんと同じ事務所の木下ゆうかさんだったのではないかということが噂されていました。

(これについては、木下ゆうかさん本人が暴露したようです。)

 

そして、騒動について説明する動画で、はじめしゃちょーは交際時期が被っていたことを認めました。

 

一応は別れ話の途中だったようですが。

 

2.謝罪方法は正解だったか。

 

私は騒動についての動画をアップし、包み隠さず説明をすることは非常に良い対応だと思います。

 

謝罪方法にもいろいろとありますよね。

挑戦的な謝罪のベッキーパターン

話さなくても良いような余計なことまで話してしまう乙武パターン

泣き出してしまうノンスタ井上パターン

など。

 

今回のはじめしゃちょーの動画では、スーツにネクタイ姿で、最低限の説明と謝罪が為されており、対応も速くて良かったと思います。

こういう、スタンダードな謝罪が事態を収束させるには一番効果的です。

 

少なくとも無視を決め込むカブキンパターンはダメですよね。

いつまでも言われてしまいますから。

 

ただ一つ気になったのは、どうしてコメント欄や評価数を非表示にしたのかなということです。

 

当然、様々なアンチコメントが書き込まれると思いますし、低評価も多くなると思いますが、それは受け止めるべきではないのでしょうか。

 

3.今後どうなるのか

 

これ以上のスキャンダルが噴出しなければ、徐々にこの騒動も忘れられていくでしょう。

 

迅速な対応が功を奏すると考えられます。

 

そして、登録者数や再生数もそこまで減ることはないと思います。

 

はじめしゃちょーの動画のクオリティが高いことには変わりはないですし、彼がここまでたくさんこ努力を積み重ねてきたことも事実ですから。

 

あとは、事務所や周りのユーチューバーが必要以上の余計な対応をせず、自然に騒動が収まるのを待てば良いでしょう。

 

ただ、明日どのような動画をはじめしゃちょーは出すのでしょうね。

 

出さないと逃げたと思われますが、ふざけた内容だと反省していないととられますし、かといって真面目過ぎると彼らしさが失われますから、難しい所です。

 

ですが、自分の非は認め謝罪をする姿勢は本当に素晴らしい対応だと思います。

 

 

 

 

こちらも参考に

はじめしゃちょーにスキャンダル発覚〜フリーで活動する人に大切なこと〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために

はじめしゃちょーにスキャンダル発覚〜フリーで活動する人に大切なこと〜

ユーチューバー

日本のトップユーチューバーである、はじめしゃちょーにまさかのスキャンダルが発覚しました。

 

しかも、同じ事務所所属の女性ユーチューバーと関係を持っていながら、別の女性とも関係を続けていたりと、まだまだいろいろと出てきそうではあります。

 

今回は、この出来事から学べることを考えていきます。

 

1.はじめしゃちょーの一般的なイメージ

 

ユーチューバーのはじめしゃちょーといえば、個人のチャンネル登録者数日本一のユーチューバーです。

 

イケメンで高身長と、爽やかなイメージで売っていたはじめしゃちょーにとって、今回のスキャンダルは少なからず痛手になりそうです。

 

ユーチューバーは素人かという議論がありますが、自身の人気によってお金をもらっている以上、私は素人ではないと考えています。

 

ですので、彼女がいたとしても隠しておくのは自身のブランディング戦略上間違いではありません。

 

実際、はじめしゃちょーも事あるごとに彼女がいないかのような寂しい独り身発言をしていました。

 

普通に考えて、周りの女性が放っておかないでしょうから、そんな訳ないのですが。

 

ところが、元カノが暴露したり、同じ事務所の女性ユーチューバーが暴露したりと、なかなかの泥沼具合になってきています。

 

ベッキーの時の騒動と同じで、日頃爽やかなイメージで売っていれば売っているほど、こういう時のダメージは大きくなります。

 

2.人気商売はイメージが大事

 

芸能人やユーチューバー、その他、自身の顔や名前を表に出して活動している個人事業主の方にとっては、自身のイメージがとても大切になってきます。

 

ここでいうイメージというのは、自分自身が思っているイメージではなく、相手からどのように見られているのかという意味でのイメージのことです。

 

この相手からどのように見られているのかという意味でのイメージを守れなければ、下手すると自身が積み上げてきた信頼を一気に損なうことになるかもしれないのです。

 

それは、2016年の芸能界でたくさん起こっていたはずです。

 

本来はそこから学び、気を引き締めなければならない所ですね。

 

今回の騒動ではじめしゃちょーがとのような弁明をするのか、また、事務所がどのような対応をとるのかも注目です。

 

一番良い対応は変な誤魔化はせずに、素直に謝ることですが。

 

無視をすると今のネット社会では余計に拡散されてしまいますので、危険ですね。

 

3.まとめ

 

個人で活動している人は自身のイメージをよく考えて、相手からの信頼を損なわないようにより一層気を付けましょう!!

 

そして、もし信頼を失ってしまった時は、素直に非を認め謝ることが大切ですね。 

 

 

 

ちなみに、ユーチューバーについての他の記事はこちらから

上を目指す人必見!! 【ユーチューバー】ヒカルから学べること - 1億2700万人のうちの誰かのために

オススメのユーチューバー3選〜このチャンネルをチェックしておけば間違いない〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために

オススメのユーチューバー3選〜このチャンネルをチェックしておけば間違いない〜

ユーチューバー

今回はオススメの面白いユーチューバーを紹介していきます。

 

1.東海オンエア

 

六人組のグループユーチューバーです。

 

ほとんどのメンバーが高校の時の同級生ということもあり、和気藹々とした和やかな空気の動画が多いです。

 

以前は過激な動画もあったようですが、最近は少し過激な内容や攻めた内容、若干のお下品なネタを交えつつも、安心してクスッと笑えるすばらしいクオリティの動画をアップし続けています。

 

リーダーのてつやがボケキャラで緩いにも関わらずグループとしてのまとまりがきちんと取れている所も、こちらが安心して見ていられる理由ですね。

 

どこかで見たことのあるようなネタもありますが、東海オンエアがやっているとそれはそれでありだなと思えてきます。

 

2.ヒカル

 

以前にも紹介したことがありますが、お金をたくさん使う系の動画でブレイクしたヒカルさんのチャンネルです。

 

気にはなっているけれど、わざわざ調べるのがバカらしかったりお金がかかったりしてできないことってありますよね。

 

そう言ったことを、時間とお金をかけて代わりに試してくれるので、こちらの好奇心がくすぐられます。

 

また、近くのカードショップ屋の店長との軽快なトークもこのチャンネルの魅力の一つです。

 

最近では、ユーチューバーの中でも他の人とは一線を画していたシバターさんとコラボしたことでも話題になりました。

 

常にリスナーを驚かせてくれるヒカルさん、その企画力と行動力が本当にすごいです。

 

ちなみに以前の記事はこちら

上を目指す人必見!! 【ユーチューバー】ヒカルから学べること - 1億2700万人のうちの誰かのために

 

3.stスタジオ

 

去年の夏ぐらいに1日2本投稿を行い、かなり勢いづいていたチャンネルです。

 

ところが、人気のあったメンバーが二人抜けるなど、面白いのになかなか上手くいっていませんでした。

 

残ったメンバーだけで現在も活動しており、以前ほどの勢いは感じられないものの、ドッキリ系ユーチューバーを名乗っている通り、時々面白いドッキリを考えメンバーに仕掛けています。

 

stスタジオもリーダーのせーぎの企画力が優れているので、またすぐに上がってくるだろうと私は信じています。

 

stスタジオの過去の動画にはかなり過激なものもあり見応えがありますので、まだ見ていない人はぜひ見てみることをオススメします。

 

 

 

以上、3組のユーチューバーを今私は毎日チェックしています。

 

確かに素人がやっているものですが、中にはテレビ番組よりも面白いものもあります。

 

ユーチューブで素人の作る動画を見るのに抵抗がある人も、これを機に見てみてはいかがでしょうか。

『ワイドナショー』が面白い!!

テレビ

フジテレビの番組の『ワイドナショー』がとても面白いです。

 

私は元々テレビ大好き人間でしたが、現在毎週必ず見る番組は『ワイドナショー』と『フリースタイルダンジョン』の二つだけです。

 

今回は『ワイドナショー』と魅力について語ります。

 

1.ご意見番としての松本人志

 

なんといってもこれが一番の魅力です。

 

流行りのニュースについて、松本さんがどうコメントをするのか、通り一遍のつまらないコメントではなく、必ず何かしら他の人にはない視点や角度からのコメントをしてくれます。

 

中にはそれで変な空気になってしまうこともありますが、司会が東野幸治なのでそう言う時は上手く松本さんをイジリつつまとめてくれ、結果として笑いになります。

 

この番組を見ると、「やっぱりダウンタウン松本人志は面白いなあ」と再確認できます。

 

2.和やかな雰囲気が良い

 

出演者同士がすごく和やかな雰囲気で、イジりイジられの掛け合いがとても面白いです。

 

特に、元サッカー選手の前園さんと松本さんのやり取りは鉄板で笑えます。

 

だいたいは、松本さんが前園さんに対して無茶振りをするのですが、その後の前園さんの反応が最高です。

 

予定調和でお決まりのパターンでしかイジれない芸人が多い中で、松本さんは毎回違った角度から前園さんをイジリ、生かすことができているのがすごいです。

 

その他の出演者に対しても、ツッコミ所があれば必ずそこをつついてくれるので、例えば社会学者の古市憲寿さんもワイドナショーでは他の番組では見せないようなキャラになっています。

 

高校生も必ず一人はキャスティングされているのですが、高校生のコメントに対しても決して甘やかすことなく、ツッコミ所があれば笑いに変える、しかもそれが落として笑い者にするのではなくきちんと相手が生きるように笑いにするのが松本さんなのです。

 

だからこそ、番組全体に和やかな空気感が醸し出されるのでしょう。

 

3.ワイドナショーの呪い!?

 

なぜだか出演者が次々と週刊誌にスッパ抜かれることから、呪いだと言われることもあります。

 

それだけ話題性のある人物をキャスティングしているということではないでしょうか。

 

こういう観点からワイドナショーを見てみるのも面白いですね。

 

また、スッパ抜かれた人もきちんとやって番組にやって来るので、そういう人が何を語るのかも見ものです。

 

他の番組では遠慮して踏み込まない所まで松本さんは踏み込んでくれますから。