1億2700万人のうちの誰かのために

東京の誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

ついに帰ってきたー!!!オザケンのニューシングル「流動体について」が発売

今年に入って一番良い意味で衝撃的な出来事でした。

 

まさかまた日本の音楽シーンにオザケンが戻ってくるとは!!

 

1.オザケンとは

小沢健二という、90年代を席巻したアーティストがいたのを今の若い人は知らないかもしれませんね。

 

彼は家柄もすごいのですが、東大卒の学歴に甘いルックス、詩的な歌詞、ポップなメロディラインが魅力的なアーティストでした。

 

こうして改めて書き出してみると、やはりすごいですね。

 

その中でも私は特に歌詞が好きです。

 

音楽を聴く時の楽しみとして、メロディ自体を楽しめるものももちろん好きですが、歌詞の解釈や世界観も楽しめるものは単純に楽しさが2倍になりますよね。

 

オザケンの音楽にはそういう楽しみがあります。

 

日本での活動が順調に見えていた彼でしたが、2000年代に入る少し前ぐらいに、活動拠点をニューヨークに移し、それからは時々来日してテレビに出たりライブ活動をすることはあれど、日本でニューシングルを出すことはありませんでした。

 

そんな彼が、長年の沈黙を破りついに戻ってきたのです。

 

2.ニューシングル「流動体について」が至高

 

ミュージックステーションや朝の番組でも披露していたので、既に聞いたことがある方も多いと思います。

 

リズミカルなメロディラインに詩的な歌詞は健在でした。

 

彼自身が朝の番組で「ニューヨークでのインプットをアウトプットしている」と語っていた通り、ファンの期待に十分に応え得る作品になっています。

 

歌詞の引用などは避けますが、冒頭で主人公は日本に帰ってきているのでしょうか。

 

個人的に私はこういう「帰ってくる」系の歌に弱いので、私にとって「流動体について」は至高でした。

 

しかし、いったいどういうことを表しているのかについては、私はまだよく分かりません。

ただ、オザケンを聴きながら村上春樹を読むオシャレ感を楽しんでいます。

 

3.今後の活動について

 

上記と同じ朝の番組で、「インプットが十分にできたので」とオザケン自身が語っていたので、次々とシングルがリリースされる可能性は高いでしょう。

 

バラエティも含め、いろんな番組にも出演されると思います。

 

ニューヨークにいる間に彼がどのようなことを考えながら活動していたのか、気になることはたくさんあります。

 

今後オザケンの出演する番組は要チェックですね。

 

ちなみに、これを書いている今も「今夜はブギーバック」を聴いています。笑

入ってはいけない危ないサークルの見分け方〜下手すると大学四年間を棒に振ることになるからよくよく心に留めておいてね〜

ブラック企業という言葉がありますが、今回は入ってはいけない「ブラックサークル」の見分け方を、過去に「ブラックサークル」に所属していたことのある私がお伝えしたいと思います。

 

1.新入生歓迎会(新歓)の費用が新入生は全部無料

 

これには注意が必要です。無料で飲み食いさせてもらえて優しくされると勢いで入会してしまいそうになりますが、よく考えてみて下さい。

 

「そのお金は誰が払っているのでしょうか」

 

もちろん、そのサークルの先輩たちですよね

ということは、来年以降はあなたが払う番ですよ。

 

まともなサークルなら新入生からもワンコインぐらいのお金は取るはずです。

 

2.サークル全体の雰囲気が、「勉強なんかしょーもない」という感じ

 

これにも注意して下さい。

こういうことを言う先輩はどこのサークルにもいると思いますが、サークル全体の雰囲気がこれだとかなりまずいです。

 

例えば、テストがあっても、サークル優先にさせられるかもしれません。

資格試験の勉強をしたくても、サークル優先にさせられるかもしれません。

就活があっても、サークル優先にさせられるかもしれません。

 

3.入会するのに即決をせまってくる

 

これなんて悪徳商法と全く手口が同じですよね。

どんなに良いと思っても、その場のノリや勢いで入会してしまうのは本当に危険です。

 

特に、部室などの閉鎖された空間に連れて行かれそうになったら、用事を思い出した、家族から電話がかかってきたなど、適当なことを言って逃げましょう。

 

一度入会してしまうとなかなか辞めづらいですから、入会するかどうかは慎重に、真剣に考えたいですね。

 

4.年間でどれぐらいお金がかかるかや、年間を通しての予定を教えてくれない。聞いてもごまかされる

 

これはまさに私が所属していたサークルがそうでした。

 

どれぐらいのお金がかかるのかは全く不透明でした。

今思えば、たくさんのお金がかかるから、都合の悪い情報なので隠していたと考えられます。

 

実際、3泊4日の合宿で5万1000円(一年生は割り引かれてこの値段だったので、上級生はもっと払っていたと考えられます)

ここにまだ打ち上げの値段として6000円ぐらいかかってきます。

一夏の合宿にこれだけの値段は掛けたくないですね。

というか、これだけの大金が動くなら、あらかじめ言っておくべきですよね。

 

また、年間を通しての予定を聞いても「先のことを気にしてもしょーがないから」と教えてもらえませんでした。

これも、何か都合の悪い情報を隠していると考えられます。

 

5.やたら「仲間ができる」と強調する

 

お前らは『ONE PIECE』ごっこがしたいのかという話ですね。

もちろん『ONE PIECE』を批判しているわけではありませんよ。

私は漫画を買っているぐらい『ONE PIECE』ファンですから。

 

そんな私でも、入っていたサークルの先輩が「戦友ができる」と言っていたのを聞いた時には笑ってしまいましたが。

二浪一留のいい年した大人が何を言っているんだか笑

 

これは何が危険かというと、辞める時に「他の子は頑張っているのにお前だけ抜けるのか」と言われます。

仲間を盾に逃げられないようにしてくる可能性があります。

 

 

 

サークルというのは趣味で息抜きに軽く所属するものですよね。

(大学公認の部活は別です。それなりにお金がかかるものもあります。)

それなのに、サークル自体のことで悩まされたり負担になったりするのでは本末転倒だと私は思います。

 

 

英語の成績を上げるための三箇条

英語の成績を上げるにはどうすれば良いのでしょうか。

 

  1. まずは一つ決めた英文読解の文章を味わいつくすべし。
  2. 次にその文章の音読を徹底すべし
  3. その文章の内容を日本語を介さずに英語のまま理解できるようにするべし

 

基本的には、学校の授業で扱う長文をこれぐらいやり込みます。

そうすれば、定期テストはもちろん、模試でも点数が取れるようになってきます。

では、以下で順番に詳しく見ていきましょう。

 

1.まずは一つ決めた英文読解の文章を味わいつくすべし

学校の英語の授業では、一つ一つの英文の構造を詳しく解説してくれると思います。

それをよく聞いて確実に理解しましょう。

単語や熟語の意味なども、確実に押さえておきましょう。

そもそもゆっくり読んだ時に内容や英文構造が理解できていなければ、速く読んで理解できる訳がないので、この段階はとても大切です。

 

2、次にその文章の音読を徹底すべし

1の段階がクリアできれば、第2段階としてその長文を何度も音読して下さい。

1日1回音読すれば、1週間で7回音読できることになります。

所要時間は10分ぐらいでしょうか。

音読することで、頭の中が徐々に英語のリズムに慣れていきます。

自然にその長文の内容も頭の中に浮かんでくることでしょう。

単語や熟語なども、毎日音読することで、自然に文章の中で身に付いてきます。

「覚える」気になっても意外に覚えられないものですが、実際に長文の中でなら単語や熟語を生きた例文とともに自然と身に付けることができるのです。

 

3、その文章の内容を日本語を介さずに英語のまま理解できるようにするべし

このレベルに達することが一つのゴールになります。

「英語を英語のまま理解」できるようになれば、長文を読むのが格段に速くなります。

様々な長文の理解をこのレベルにまで深めておくことで、最終的には初見の英文でも「英語を英語のまま理解」できるようになってくるのです。

 

英語の成績がなかなか上がらずに悩んでいる人は、以上の内容を徹底して下さい。

単語や熟語に関しては、すぐに身に付くのを実感できるはずです。

また、長文読解力も、一朝一夕には上がるものではありませんが、3ヶ月から半年で徐々に効果を実感できるようになるでしょう。

 

長文読解ができるようになるための裏技なんてものはありません。

こういった地道な努力を積み重ねた者だけが、英語の成績を上げることができるのです。 

 

【中高生必読】池上彰『そうだったのか現代史』は現代の国際社会を理解する上でのバイブル

昨日に引き続き、池上彰氏の著作を紹介します。

 

1.現代史を学び直そう

 

学校の授業で現代史といえば、「あとは自分で読んでおいて」で終わることが多いですよね。

 

私の学校では先生が気を利かしていちおう授業はしてくれましたが、それでも他の単元に比べるとかなりの駆け足でした。

 

でも、考えてみてください。

 

受験にあまり出ないからという理由で現代史を軽視して良いのでしょうか?

 

高校世界史では古代のオリエント史を熱心に細かい所まで教えますが、正直、相対的に見てもっと熱心に教える箇所があるはずです。

 

ヘブライ人の歴史は確かに現代の中東問題に密接に関わっているので、そこは丁寧に扱うべきですが、ややこしいオリエント史を教えて世界史アレルギーの子を増やすぐらいなら、世界史の学習範囲の設定をもう一度見直すべきだと思います。

 

まあでも、現状を嘆いているだけで何もしないのが一番悪いことですので、現代史を学びたい人は自分で本を読みましょう。

 

そのために最適なのが、この『そうだったのか現代史』になります。

 

2.とにかく分かりやすい

発売されたのが10年以上前なのですが、冷戦時代の話や現代にまでこじれにこじれている中東問題など、とにかく分かりやすく書かれており、今でも色褪せない名著です。

 

これを読んで、現代にまで残る争いの火種の歴史的背景を理解した上で、最新のニュースの概説書や新書を読むとより理解が深まります。

 

もちろん、以前に紹介した『知らないと恥をかく世界の大問題』も、『そうだったのか現代史』を読んだ上で読めば、さらに深い理解ができるでしょう。

 

3.もちろん受験生にも良い

 

現代史は受験に出ることは少ないですが、東大では過去に600字程度の大論述を現代史のみで出題されたこともあります。

 

それぐらい大切な所ですので、受験生も息抜きの時に軽い気持ちで読んでみるのが良いでしょう。

 

教科書よりも格段に分かりやすくなっていますので。

 

受験生ではない学生はとりあえず読んでおいた方が良いです。

 

どこかで必ず役に立ちます。

 

4.なんと日本現代史版もある

このシリーズ、『そうだったのか日本現代史』というものも刊行されています。

 

第二次世界大戦後の日本の現代史なんて学校ではほとんど習わないまま大人になった人も多いと思います。

 

でも、日本に住んでいるなら、日本がたどってきた歴史を知っておくべきですよね。

 

それこそ、卑弥呼や実在したのかどうかも分からない聖徳太子については熱心に教えるのに、現代史は軽視する今の学校教育の風潮には疑問を感じざるを得ません。

同じくらい面白いものですよ。

 

あまり不満を言っていても仕方ないですね。

 

とにかく、現代史を学びたい人はこの本を読めば、だいたいの流れを掴むことができるのでオススメです。

 

 

そうだったのか!現代史 (集英社文庫)

そうだったのか!現代史 (集英社文庫)

 
そうだったのか!日本現代史 (集英社文庫)

そうだったのか!日本現代史 (集英社文庫)

 

 

 

【中高生必読】池上彰『知らないと恥をかく世界の大問題』シリーズを私がオススメする理由5選

テレビでも有名な池上彰氏が毎年刊行しているシリーズに『知らないと恥をかく世界の大問題』という本があります。

 

今回は私がこの本をオススメする理由を書いていきます。

 

1.前年の出来事を総復習できる

 

世界では日々いろんなことが起きています。

 

現在世界で起きていることを本当に理解するためには、過去の出来事との繋がりも意識しないといけません。

 

ただ、新聞の解説ではなかなかピンとこないこともあります。

 

こういう時の池上彰氏の解説はすばらしいですね。

 

「子どもニュース」という番組をずっと担当されていただけあって、基礎知識のない人にも分かるように噛み砕いて説明してくれています。

 

この本を読んで前年の出来事を総復習しておけば、現在の新聞の国際欄や社会欄がすごく読みやすくなるはずですよ。

 

2.とにかく分かりやすい

 

上でも書きましたが、とにかく分かりやすいです。

 

新書なので対象はある程度大人を想定していると思いますが、「こんなこと当然分かるよね」という誤魔化しからの省略はなく、きちんと基礎用語の解説も為されています。

 

なので、中学生はもちろん、社会科好きの小学生なら理解できる部分も多いと思います。

 

そういう意味では、全世代にオススメできるシリーズになっています。

 

3.きちんと毎年刊行されている

 

これも大きな要素ですね。

ブログでも、不定期更新だと見る気がなくなってきます。

 

それと同じで、「今年は発売されるのだろうか?どうなんだろう?」と思ってしまうと、徐々に関心が薄くなっていきます。

 

ところが、このシリーズは毎年刊行されていて、今やパート7まで発売されています。

 

時代で言えば、ちょうどリーマンショックのあたりから現代のトランプ大統領までですね。

 

おそらく、2017年に刊行されるであろうパート8では、イギリスのEU離脱やトランプ大統領について、金正男暗殺など、これまた様々なテーマについての説明が為されると思います。

 

私も今から発売されるのがとても楽しみです。

 

2017年5月現在、前回の発売から一年経ちましたが、まだ新刊は出ていません。

 

2016年は間違いなく世界史の教科書に残るぐらい様々なことがあった年ですので、もしかすると執筆に例年よりも時間がかかっているのかもしれません。

 

こんなドル箱のシリーズをそうそう止めるということもないと思いますので、まあ気長に発売を待ちます。

 

4.答え合わせもできる

 

我々は現代に生きていますので、当然世界がどうなったかの答えを知っているわけです。

 

その答えを知っている状態で、ある意味では神の視点で、過去に刊行された巻を読むというのも楽しみ方の1つではないでしょうか。

 

実際私もこのシリーズのことを知ったのは去年で、そこから今までの巻を全て大人買いしました。

 

そして一巻から読み進めていったのですが、やはり答えを知っていると面白いものですよ。

 

5.受験勉強にも使える

 

受験生が息抜きで読むのも良いと思います。

 

より社会科の理解が深まるでしょう。

 

というより、受験生でない中学生、高校生には必読の書だと私は思います。

 

今後の社会科の授業が理解しやすくなりますから。

 

 

 

 

北方謙三『水滸伝』の魅力

水滸伝』というと、中国宋代の反乱軍を描いた物語で、108人の豪傑が登場することで有名ですよね。

 

いろんな作者が『水滸伝』を書いていますが、私のオススメは北方謙三氏の書いた『水滸伝』です。

なぜかというと、北方謙三氏の『水滸伝』は、108人の豪傑の人物描写を全て丁寧に書き分けているからです。

そこらへんが従来の『水滸伝』とは異なっています。

大筋は同じなのですが、とにかくどのキャラクターも魅力的に描かれ、ベテラン作家の格の違いを思い知らされた気がしました。

 

章によって主役となる人物が変わり、108人全員に感情移入できるようになっています。

必ずお気に入りのキャラクターができます。

私もたくさんの小説を読んできましたが、こんなに「このキャラクターは死なないでくれ」と感情移入できたのは初めてでした。

 

そして、前半は反乱軍の仲間を集めていく話なので、「誰が仲間になるのだろう」「このキャラクターが仲間になってほしい」など物語の世界に入り込んで読んでいました。

仲間が増えていくにつれ、反乱の拠点も増えていくのがまたわくわくします。

敵側(宋の軍隊)にも政治の腐敗を嘆く者がいて、そういった実力のある豪傑たちを策をめぐらせて仲間にしていく過程も面白いです。

 

そして集まった豪傑たちにはきちんとそれぞれにしかできない役割があり、そういう所まで描写されていることに驚かざるを得ません。

 

 これだけ長い小説ですが、途中で飽きることなくどんどんと巻を進めていくことができます。

夢中になれる読書体験がしたい方はぜひ読んでみることをオススメします。

 

ちなみに、私はまだ一部未読ですが、『水滸伝』の続きとして『楊令伝』『岳飛伝』があります。

何がすごいのかと言うと、『楊令伝』や『岳飛伝』では、『水滸伝』で活躍した人物の子供の代が主役になっている所です。

水滸伝』であれだけ感情移入したキャラクターたちの子供の代ですので、こちらの思い入れも深く、親目線で彼らの活躍を楽しむことができるのです。

これらも合わせると北方謙三ワールド全開の一大スペクタクルになっていますので、しばらくは読む本に困らないですね。

 

そして、北方謙三氏は他にもたくさんの歴史物語を書いています。

私は塾講師をしているので分かるのですが、教える内容が自分の言葉になっているか、なっていないかは大きな違いを生みます。

小説も同じだと思います。

歴史上の有名な人物のことはみんなが知っています。

他の作者も題材にしていることが多いです。

そんな中でなぜ多くの読者を獲得しているのかと言えば、それは歴史的事実を物語として北方謙三氏が再構成し、自分の言葉で小説を書いているからに他ならないと思います。 

 

 

 

 

 

『騎士団長殺し』の面白さ 村上春樹ワールド再び

2017年2月23日に、村上春樹氏の新作『騎士団長殺し』がついに発売されました。

長編の新作は実に7年ぶりのようです。

私は学生時代に村上春樹氏の前作『1Q84』を読み書けましたが、途中で辞めてしまいました。

それは図書館で返す期限が来てしまったからなのですが笑

 

今作の『騎士団長殺し』はそういうことがないように購入し、少しずつ読み進め、やっと今日は読み終わりましたので、そのレビューを行います。

なお、このレビューを書くにあたり、他の人の意見が入らないように今作に関する全ての情報をシャットアウトしましたので、純粋な私の感想が書けていることを保証します。

 

この本の帯には「旋回する物語、変装する言葉」と書かれているのですが、1巻目のかなり後半になってやっと物語が旋回し出した感じがしました。

では、それまでは面白くはないのかというと、決してそういう訳ではなく、小出しにされていた様々な物語を構成する要素が1つに絡まり始めたという意味で、物語が旋回し出したように感じました。

 

ある時、何か明らかに秘密を抱えた免色という男(ひたすら丁寧な紳士的な男)が主人公に接近してきます。その彼の思惑が明らかになる所から物語が本格的に動き出します。

でも、ちょうどその辺りで1巻目が終わるので、まだ読んでいないですが2巻目もとても楽しみにしています。

 

物語全体は、暗い話ではないのですが、常にどこかどんよりとした、まるで曇りの日がずっと続いているような、そういう感じがしました。

そういう印象を持たせるような情景描写が所々で為されています。

恐らく作者が狙ってやっているのでしょう。

最終的にその感じが明るくなって終わるのか、より暗くなるのか、それともずっとどんよりとしたイメージのままで終わるのかはまだ分からないですが、『ノルウェイの森』のように最後までどんよりとしたまま終わるような気がします。

全ての謎が本当に明らかになるのでしょうか。

 

もう1つ、題名にもなっている騎士団長ですが、途中から本当に登場します。

当然、この物語は現代劇でファンタジーではないのですが、騎士団長が途中で登場した辺りから少しずつ主人公の世界がおかしくなってきている感じがします。

これが2巻目でどのような展開を迎えるのかが見所ですね。

 

まだまだ1巻目では謎が残されている『騎士団長殺し』ですが、普段純文学はあまり読まない私も熱中して読むことができたのですごくオススメです。

現代劇なのに、どこかおかしい、世界が少しずつ歪んでいくようなそういう感覚を味わうことができます。

私は村上春樹氏の作品を何作か読んだことはありますが、その中でも『ノルウェイの森』の次に熱中して読めました。

不思議な世界を存分に味わいたい方はぜひ一読してみると良いでしょう。

 

私もまた今から2巻目を読み始めます。

 

 

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編