読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1億2700万人のうちの誰かのために

さすらいの塾講師が、誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

NGT48がついにデビュー、「青春時計」の全曲レビュー

音楽

f:id:hagon:20170417044208j:image

 

NGT48のデビューシングル「青春時計」がついに発売されました。

 

私も発売から現在までにかなり聞き込みましたので、全曲レビューを行いたいと思います。

 

1.青春時計

 

落ち着いた感じの楽曲です。

 

私はサビの感じがすごく好きですね。

 

合計で100回以上は聞いています。

 

青春の定義が歌の中で為されます。

 

私が学生の時は勉強ばかりしていたので恋愛に関するそんな爽やかな青春の記憶はないですが、新潟の田園風景の中で伸び伸びと学生が青春を謳歌している様子が伝わってきます。

 

とともに、そういう青春を経験していたらなあと羨ましくなります。

 

2.空き缶パンク

 

パンクと題名にもある通り、青春時計とは打って変わって激しいテンポの良い楽曲です。

 

1回目聞いた時から「これは好き」と思えました。

 

ガールズバンドが演奏してそうな感じですね。

 

私はSCANDALというガールズバンドが好きなのですが、彼女たちの楽曲とも雰囲気が似ているような気がします。

 

カップリング曲ですが、表題曲にもできるぐらいのパンチはありますね。

 

3.出陣

 

題名の通り、出陣感溢れる楽曲です。

 

始まりからそんな感じで、すごく壮大な感じがします。

 

新潟ということもあり上杉謙信を連想しますが、あんまり関係はなさそうです。

 

新潟で出陣といえば連想するのは上杉謙信ですので、歴史好きとしてはもう少し絡めて欲しかったような気もします。

 

まあでも、要は「出陣」というのは比喩ですので、、、

 

私はこの曲を一風変わった応援ソングだと位置付けています。

 

4.純情よろしく

 

これまた青春真っ盛りの曲ですね。

 

爽やかですね〜

 

ストレートで良いと思います。

 

本当に、青春時代は取り戻せないですからね〜

 

すごくキラキラした曲です。

曲からキラキラ感が伝わってきます。

 

5.暗闇求む

 

タイトルがいきなり「暗闇求む」ですからね。

 

「純情よろしく」とは真逆の雰囲気になります。

 

ただ、人生には孤独も必要ですから。

たとえ、それが青春時代であっても。

 

キラキラ真っ盛りの青春時代にも時々孤独を感じることはあると思います。

 

特に失恋した時とかは一人になりたいですよね。

 

まさに「暗闇求む」ですね。

 

キラキラした曲ばかりだとしんどいので、こういう曲があるのも良いですね。

 

6.下の名で呼べたのは・・・

 

 下の名前で呼ばれるとドキッとしますよね。

 

逆に、相手のことを下の名前で呼ぶのは緊張しますよね。

 

特に最初は苗字で呼んでいたのに、途中から名前で呼ぶようになるのはかなりドキッとします。

 

そういう感情を歌った曲です。

 

何気ないことですが、当事者は「今日こそは下の名前で呼べるかな」とかけっこうドキドキしていますからね。

 

でも、歌にもありますが、自然に相手の名前を呼べるようになる時がそのタイミングなのかもしれません。

 

7.まとめ

 

全体的なテーマは「青春」ですね。

 

船出をし始めたアイドルのシングルですから若い子も多く、彼女たちの現在の状況にピッタリだと思います。

 

 

青春時計 (Special Edition)

青春時計 (Special Edition)

 

 

 

 

黒田官兵衛にまつわるエピソード〜最強軍師の唯一の誤算〜

歴史 生き方

f:id:hagon:20170416231528j:image

 

この記事は

竹中半兵衛と黒田官兵衛〜豊臣秀吉を支えた軍師〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために

の続きです。

こちらを読んでからの方がより理解して頂けると思います。

 

1.本能寺の変に際して

 

黒田官兵衛本能寺の変の知らせを受けた際、うなだれる豊臣秀吉にこう言ったといいます。

 

「殿にチャンスが回ってきましたね。天下をお取りください」と。

 

こうして、豊臣方はすぐに毛利方との講和をまとめ畿内の方へ引き返していきました。

 

これが中国大返しと呼ばれる出来事です。

 

2.俺が三日三晩考えて至った結論にあいつは一瞬でたどりつく

 

これは豊臣秀吉は官兵衛を評して言った言葉です。

 

自分の主君にここまで言わせる官兵衛は相当な切れ者だったのでしょうね。

 

豊臣秀吉もどちらかというと頭の良さで成り上がっていったというイメージですが、その秀吉よりも上というのがすごいですね。

 

3.No.2のNo.1として

 

黒田官兵衛には天下取りの野心はありませんでした。

 

あくまでNo.2のNo.1として、秀吉を天下に導く役目でしたが、あまりの頭の良さに秀吉が官兵衛を遠ざけ始めます。

 

「いつか裏切られるのではないか」と。

 

官兵衛にはそんなつもりは全くなかったので、早々と仏門に入り名を如水と改め隠居してしまいます。

 

4.福岡での隠居生活

 

官兵衛の当時の領土は現在の福岡県の当たりでした。

 

そこで隠居生活をしていたものの、秀吉の小田原攻めや朝鮮攻めに際してはやはり力を貸しています。

 

でも相変わらず秀吉の反応は冷たい感じだったそうです。

 

5.ついに官兵衛、天下を狙う

 

1598年、秀吉が死ぬと、豊臣方と徳川方に分かれての争いが起き始めます。

 

そして1600年には、関ヶ原の戦いが起こります。

 

ここで官兵衛が動きます。

 

「秀吉様もいない今、俺が天下を取ってやろう」

 

官兵衛の立てた完璧な作戦。

関ヶ原の戦いは長期戦になり、双方被害は甚大。

恐らく勝つであろう徳川方は疲れ切っているはず。

そこを自分が九州から攻めていき倒す。

 

そして、怪しまれないために、息子の黒田長政を徳川方の援軍として送っていました。

 

「私は隠居の身なので関ヶ原の戦いには参加できませんが、家康様の味方です。あまり役に立たないでしょうが、息子を送りますので使って下さい」と。

 

ここまでは完璧な作戦でした。

 

6.官兵衛唯一の誤算

 

ところが、関ヶ原の戦いは半日で終わってしまいました。

 

豊臣方の小早川秀秋が裏切ったためです。

 

そして、この小早川秀秋を裏切らせるために奔走したのが、黒田官兵衛の息子の黒田長政でした。

 

官兵衛は息子の長政に常々言っていたそうです。

 

「勇猛果敢なのは良いが、お前はもっと頭を使え」

 

その長政が頭を使って活躍したことにより、自分の父親の完璧な計画を狂わせてしまったのです。

 

何とも皮肉なものですね。

 

親というのは、自分の子どものことになるとなかなか客観的に見ることができなくなります。

 

まさに、息子の能力を見くびってしまったのが、官兵衛の失敗でしたね。

 

 

 

ちなみに黒田官兵衛についてサクッと漫画で知りたい人にはこれがオススメです。

 

 

黒田官兵衛のかっこいいエピソードや実際の戦略などを知ることができます。

もちろん、漫画なのである程度ドラマチックにはなっていますが、歴史を楽しむためのものとしてはうってつけです。

 

7.最後に

 

喜び勇んで帰ってきた長政は官兵衛に「頭を使って活躍しました。そのおかげで、家康様が私の右手をとって喜んでくれました。」と報告します。

 

官兵衛は冷たく言い放ったそうです。

 

「その時お前の左手は何をしていたのだ」

 

 

ユーチューバー、ジョーがEXILEのATSUSHIと対談〜世の中何が起きるか分からない〜

ユーチューバー 生き方

f:id:hagon:20170415232115j:image

 

ユーチューバーのジョー(チャンネル名はジョーブログ)という人がいます。

 

チャレンジ系の動画をたくさんアップしていて、アメリカ横断や南アメリカ縦断などのシリーズは傑作だと私も思っています。

 

そんなジョーのもとに、EXILEのATSUSHIのマネージャーが連絡をとってきたというのです。

 

どうやらATSUSHIが会いたいと言っていると。

 

このまさかの展開が動画になってアップされていますが、結論から言うと、それは本物のEXILEのATSUSHIでした。

 

1.どこで何が起きるか分からない

 

EXILEのATSUSHIといえば、芸能人の中でもかなり有名な方ですよね。

 

そんな人が、仕事ではなくプライベートで連絡をとってきて「会いたい」と言ってくる。

 

こんなこと、今まででは考えられないことですよね。

 

ところが、そういうことが現実にあった。

 

本当に、何がどう転んでどこでどんなことが起きるか分からないものですね。

 

2.すごい時代の到来

 

現在は誰でもYouTube上でチャンネルを持って全世界に発信することができます。

 

これはすごいことで、テレビでも発信できるのはせいぜい日本国内だけなのに、YouTubeでは世界に発信できてしまうのです。

 

その際たる例がピコ太郎のブレイクでしたが、今回もそれに匹敵する奇跡ですね。

 

3.会いたい人に自分の魅力を届けられる時代

 

芸能人だけに限らず、企業の社長などに対して、YouTubeを上手く用いれば自分の魅力を届けることができる訳です。

 

就活にも十分に使えますね。

 

もちろん、相手が見てくれるかどうかは分かりませんが、いろんな可能性が広がっているのはとても素敵なことですね。

 

歌手になりたい人は、自分の唄をアップしてみる、ダンサーになりたい人は踊りをアップしてみる、ジョーのように自分のチャレンジをアップしてみる、そういったことがいずれ奇跡を生むかもしれないのです。

 

誰にだって可能性はある

本当にすごい時代です。

 

千里の道も一歩から、何かやりたいことがある人はYouTubeでその第一歩を踏み出せるかもしれません。

 

そこで自分に賛同してくれる人を集め、クラウドファウンディングで資金を集め起業するなんてことも可能になりますね。

 

まあそう打算的に考えなくても、趣味でアップした動画が思わぬことにつながるということもある訳で、それで人生がより面白い方向に転び始めると良いですね。

 

竹中半兵衛と黒田官兵衛〜豊臣秀吉を支えた軍師〜

歴史

f:id:hagon:20170414162255j:image

 

竹中半兵衛黒田官兵衛といえば、豊臣秀吉のもとで大活躍した名軍師です。

 

今回はこの二人にまつわる話を書いていきます。

 

1.竹中半兵衛

 

美濃国岐阜県)出身で、美濃国の大名、斉藤龍興に仕えていました。

 

戦国時代に名を残した人物というのは、「いかつい男」というイメージですが、竹中半兵衛は線が細くひ弱そうに見える青年だったようです。

 

ただ、すごく頭が切れたようです。

 

戦国時代を頭の良さで乗り切っていったというのは、かっこいいですね。

 

さて、この竹中半兵衛、家臣をないがしろにし日々遊びに興じる斉藤龍興を諌めるため、稲葉山城をなんと10数人で攻略してしまったようなのです。

 

あの信長でさえ攻めあぐねた稲葉山城をです。

 

策としては、人質として差し出していた弟の見舞いと称して城に入り、弟の部屋で武装し一気に攻略してしまったようです。

 

信長はこの話を聞き、美濃国の半分をやるから部下になるよう半兵衛に伝えたようですが、半兵衛はその申し出を断り、せっかく手に入れた城もあっさりと龍興に返してしまいます。

 

半兵衛としては、龍興に改心を促すためだったようですね。

 

そして、早々引退してしまうのですが、やはりこの才能は惜しいということで、豊臣秀吉三顧の礼でやっと竹中半兵衛を部下にすることができました。

 

そんな竹中半兵衛ですが、本能寺の変よりも前に、信長の天下統一を目前にして病気で死んでしまいます。

 

夭逝の天才といった所ですね。

こういう場合、エピソードが脚色されることも多いので、どこまでが史実なのかは分かりませんが、以上が一般的に言われている半兵衛にまつわるストーリーです。

 

2.黒田官兵衛

 

少し前に大河ドラマでも取り上げられましたので、ますます有名になった黒田官兵衛です。

 

播磨国生まれで、小寺政職という武将に仕えていました。

 

播磨国は現代の兵庫県で、その立地から織田勢と毛利勢に囲まれることになります。

 

そして、小寺家はどちらの軍門に入るのかで揉めるのですか、官兵衛は織田方につくように進言します。

 

ちょうどその頃、織田家家臣の荒木村重が毛利方に寝返り有岡城に籠城しているという知らせが入り、官兵衛がその説得に行きます。

 

ところが、捕らえられてしまった官兵衛は一年間有岡城で過ごすことになります。

 

官兵衛が帰ってこないことを裏切ったと勘違いした信長は、人質としていた官兵衛の息子、松寿丸を殺すように命令を出します。

 

ところが、その命令に背き松寿丸を殺したフリをしてかくまったのが、なんと、竹中半兵衛だったのです。

 

やがて黒田官兵衛が幽閉から解放された時、官兵衛はそのことを知って半兵衛に感謝したそうですが、その時には半兵衛は病死していました。

 

こういう素敵なエピソードがあるものですね。

 

ちなみに、官兵衛の息子の松寿丸が、後の黒田長政であり、あの関ヶ原の戦い小早川秀秋を寝返らせ徳川方を勝利に導いた功労者です。

 

秀吉配下の竹中半兵衛が命を懸けて助けた松寿丸が、のちに豊臣方を滅ぼす功労者となるというのはなんとも皮肉なものですね。

 

次回は、その後の官兵衛について書きます。

 

ちなみに、黒田官兵衛について漫画でサクッと知りたい方には、以下がオススメです。

 

 

 

 

 

 

格安航空のすすめ〜乗るのが不安な人へ〜

観光

f:id:hagon:20170413231951j:image

 

格安航空が日本でも一般的になってきましたが、まだ使うのが不安という人もいると思いますので、何度も使っている私がオススメの理由を説明します。

 

単純に飛行機を移動手段だと考えている人にとってはかなりオススメですよ。

 

1.飛行機でコーヒー飲みたい!?

 

これは私がかねがね思っていた疑問ですが、飲みたいですか?

 

私は別にいらないです。

飲み物が欲しければ持ち込めば良いだけの話ですから。

 

格安航空はそういう機内サービスをなくす代わりに値段が安くなっています。

 

ですが、客室乗務員の応対のクオリティは変わらないので、普通に乗っている分には全く問題はないです。

 

2.座席は確かに、、、

 

座席は確かに狭いです。

 

こればかりは仕方がないですね。

 

でも1時間ぐらいのフライトなら十分に我慢できる範囲です。

 

3.荷物はコンパクトに

 

荷物については、大きなスーツケースなどは追加料金になってしまいます。

 

普通のリュックや小さいスーツケースなら大丈夫です。

 

まあでも、旅行にいろんな物を持っていっても結局使わないことも多いですから、持ち物をよくよく吟味する良い機会になります。

 

4.時間には余裕を持って

 

時間に関しては遅れることが多いです。

 

私は10回以上乗っていますが、そのうちの半分は何らかの理由で時間が遅れたという感覚です。

 

私が唯一不満に思うのはこの点ですね。

 

なので、時間には余裕を持っておいた方が良いですね。

 

5.値段の安さの秘密は?

 

値段を安くできるのは、過剰なサービスを排除したからであって、安全面を削った訳ではありません。

 

また、ゴールデンウィークや夏休みなどは、格安航空でも普通の航空会社と同じぐらいの値段を払わないといけないので、そういう所で利益を出せるわけです。

 

逆に言うと、そういう時には格安航空を使うのは損だということになります。

 

6.セールで破格の値段に!!

 

格安航空会社では時々セールをしていることがあります。

 

ここらへんの情報は、航空会社のメルマガに登録しておくと届きます。

 

主に平日になりますが、日程さえあえば破格の値段で旅行ができますので、ぜひチェックしてみることをオススメします。

 

ちなみに、格安航空会社のpeachでは、4月14日〜15日の23時59分まで48時間限定セールが行われますので、ぜひ気になった方はチェックしてみて下さい。

 

【公式】Peach | Peach Aviation

 

 

関連記事

 てるみくらぶ破産!!相場と比べて安すぎるものには裏がある - 1億2700万人のうちの誰かのために

 

前に出てしゃべるのが苦手〜新年度で自己紹介を求められたらどうしようと毎回ドキドキしている人に伝えたいこと〜

教育

f:id:hagon:20170413201902j:image

 

今週のお題「自己紹介」

 

私は今でこそ塾講師という仕事の関係で人前で話すことに慣れていますが、かつては人前で話すことが何よりも苦手でした。

 

1.自己紹介を求められたらどうしよう

 

中学や高校で新年度になり先生が変わると、最初の時間は自己紹介を求められることがあります。

 

私はそれがすごく嫌でした。

 

なぜなら、前に出て喋ると声が震えるし、それで余計に恥ずかしくなり顔が赤くなってくるからです。

 

とにかく、ボソボソっとなにか適当に言ってすぐに自分の席に戻っていったのを覚えています。

 

2.人前でしゃべることで大切なのは「慣れ」

 

そんな私も大学生になり、アルバイトとして塾講師を始めました。

 

すると毎回子どもたちの前で話すことになります。

 

それで、自然と人前で話すことに慣れていきました。

 

もちろん、家ではすごく練習していきましたよ。

 

練習すればするほど、落ち着いて臨めますから。

 

それでも、最初の一年間ぐらいはずっと授業前に緊張していました。

 

また、大学の方では教職の授業を受けていると模擬授業をさせられることがあるので、前に出て喋る機会が増えます。

 

模擬授業は10分から30分授業をしますので、最初の5分ぐらいは緊張しますが、そこから先になると自然に言葉が出てくるようになります。

 

思えば、中学、高校の頃の自己紹介はたかだか1分〜5分ぐらいなので、一番緊張する所なのです。

 

だから、その先を経験していなかったので、「自分は人よりも緊張しやすい性格なんだ」と悩むこともありました。

 

でも、最初の5分は誰でも緊張するものですので、もし今同じような悩みを抱えている人がいれば、心配しなくても良いことを伝えたいです。

 

長く喋れば喋るほどその場の空気に慣れますので。

 

場数を踏めば踏むほど慣れますので。

 

3.笑いをとってみよう

 

一度でも人前でしゃべって笑いをとれれば、それが自信になります。

 

渾身のネタでも良いですし、少し置きにいっても良いですが、笑いをとれないか少し考えてみましょう。

 

そして、その場で上手くいかなかったとしても、それは次につながります。

 

なぜなら、次に自己紹介する時には、「以前こういうことを言って笑いを取ろうしたんですが、全然ウケなかったんですよ〜笑」とネタにできるからです。

 

上手くいかなければいかないほど、次に使えるネタが増えると思ってプラスに考えましょう。

 

そうすれば、いつかどこかのタイミングで上手くいく時がきます。

 

まずは一つの成功体験を目指しましょう。

 

4.最後に、人前でしゃべるのが苦手と悩んでいる人に

 

大丈夫!みんなそうだから!

 

ひょうきん者のように振る舞っている奴も最初はそうだったはず!

 

当たり前のように前で話している先生だって、きっと最初はとても緊張したはず!

 

だからこそ、あなたもいずれはしゃべることに慣れるよ!

 

 

ドラゴンクエストⅪの発売日が決定したということで、オススメのドラクエを紹介part3

ゲーム

さて、このシリーズはこれで最後です。

先にこの二つの記事を読んで頂けれは幸いです。

 ドラゴンクエストⅪの発売日が決定したということで、オススメのドラクエを紹介part1 - 1億2700万人のうちの誰かのために

ドラゴンクエストⅪの発売日が決定したということで、オススメのドラクエを紹介part2 - 1億2700万人のうちの誰かのために

 

今回はドラゴンクエストⅧ〜空と海と大地と呪われし姫君〜についてです。

 

1.どこまでも行ける

 

発売当時のCMを私は鮮明に記憶しています。

 

確か今はなきSMAPが宣伝をしていました。

 

「どこまでも行ける」というフレーズが印象的でした。

 

3Dの世界を確かにどこまでも行ける、あの自由さは、発売当時はなかなか斬新でしたね。

 

フィールド上を一部のモンスターが歩いているのも感動でした。

 

「あっ、バトルレックスが歩いてる」当時ドラクエⅧをプレイした人はみんな感動したはずです。

 

2.スキルシステムが楽しい

 

レベルアップすると、スキルポイントがもらえ、そのスキルを割り振ることでいろんな技や呪文を覚えます。

 

これが面白い!!!

 

どういう風に育てていくかをじっくりと考えることができます。

 

3.錬金釜

 

道具と道具を組み合わせることで、新しい道具を作り出すことのできる錬金釜も熱いです。

 

当時、私はインターネットで錬金釜のレシピを調べて、全てノートに書き出していました笑

 

今思うと、よくあれだけ夢中になっていたなという感じですが、、、

 

4.装備を変えれば見た目も変わる

 

これも、最近のゲームでは当たり前に導入されていることが多いシステムですが、当時は斬新でした。

 

ドラクエは毎回先進的で斬新な工夫を導入してくる所が良いですね。

 

5.モンスター闘技場が熱い!!

 

 一部のモンスターはスカウトして自分のチームを編成することができました。

 

そして、モンスター闘技場で戦わせることも。

 

ドラゴンクエストモンスターズシリーズのような要素もあって楽しかったです。

 

6.あのキラーパンサーに乗れる!!

 

これも昔からのドラクエユーザーは感動ですよね。

 

キラーパンサーに乗って世界を自由自在に動き回れる爽快感はハンパないですよ。

 

もっとも、私はどこで乗れるようになるのか全く分からなくて、空が飛べるようになってからキラーパンサーに乗るイベントをクリアしたので、あまり活用できませんでしたが笑