読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1億2700万人のうちの誰かのために

さすらいの塾講師が、誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

学校や塾の先生を利用しよう

学生の皆さん、学校や塾の先生を上手く利用していますか? 利用するというと言い方が少し悪いですが、先生達は質問に来てくれることを待っていますよ。 1.先生に変に気を遣わなくていい、グイグイいこう!! 勉強のことで質問や、その他のことで相談がある場…

48グループ、坂道グループの春曲を比較してみた

2017年春に発売される、48グループ、坂道グループの新曲が、ユーチューブで公式チャンネルにアップロードされていたので、それぞれ10回以上聴いてみました。 1.AKB48『シュートサイン』 落ち着いた歌謡曲で昭和を感じさせます。 AKBは時々こういう昭和感…

はじめしゃちょーのスキャンダルから学ぶ〜プライペートな出来事に謝罪は必要なの?〜

今回のはじめしゃちょーのスキャンダル騒動から話を広げ、有名人がプライペートでの騒動で世間に謝る必要があるのかについて書いていきます。 1.世間への謝罪は必要!? 感情的には私も必要はないと思っています。 ですが、世の中には騒動やスキャンダルを無…

はじめしゃちょーのスキャンダル〜謝罪の仕方は正解か〜

先ほど、はじめしゃちょーのチャンネルで今回の騒動についての経緯の説明が為されていました。 今回はそのことについてまとめ、謝罪の方法として適していたのかを検証していきたいと思います。 1.そもそもの経緯 そもそも、はじめしゃちょーに彼女がいた所で…

はじめしゃちょーにスキャンダル発覚〜フリーで活動する人に大切なこと〜

日本のトップユーチューバーである、はじめしゃちょーにまさかのスキャンダルが発覚しました。 しかも、同じ事務所所属の女性ユーチューバーと関係を持っていながら、別の女性とも関係を続けていたりと、まだまだいろいろと出てきそうではあります。 今回は…

オススメのユーチューバー3選〜このチャンネルをチェックしておけば間違いない〜

今回はオススメの面白いユーチューバーを紹介していきます。 1.東海オンエア 六人組のグループユーチューバーです。 ほとんどのメンバーが高校の時の同級生ということもあり、和気藹々とした和やかな空気の動画が多いです。 以前は過激な動画もあったようで…

『ワイドナショー』が面白い!!

フジテレビの番組の『ワイドナショー』がとても面白いです。 私は元々テレビ大好き人間でしたが、現在毎週必ず見る番組は『ワイドナショー』と『フリースタイルダンジョン』の二つだけです。 今回は『ワイドナショー』と魅力について語ります。 1.ご意見番と…

神野正史先生の著作をドドっと紹介!! オススメは?

昨日書いた記事 神野正史『世界史劇場シリーズ』が最高に面白い!! - 1億2700万人のうちの誰かのために を、作者である神野正史さんがご自身のツイッターにてまさかの拡散して下さりました。 さすらいの塾講師である私にとっては雲の上のお方。 そんな方と…

神野正史『世界史劇場シリーズ』が最高に面白い!!

世界史劇場シリーズといえば、予備校講師の神野正史さんが書いている世界史の参考書のシリーズです。 今回はその魅力について語ります。 1.まるで映画を観ているみたい 歴史とは物語です。 たくさんの面白いストーリーがあります。 もちろん、中には悲惨な出…

社会科の選択科目はどれを選ぶべき!?

社会科の選択科目について悩む学生も多いと思います。 今回はどれを選ぶべきかについて書いていきます。 1.結論は、好きなものを選ぼう!!! っておい!いきなり結論てどういうことやねん!! とお叱りを受けるかもしれませんね。 しかも、好きなものて、、…

【厳選】オススメの趣味6選

今回は何かウケの良いオススメの趣味を探している人に向けて書きます。 男性でも女性でも、どちらにも当てはまるものですので、ぜひ読んでみて下さい。 1.楽器 何でも良いので演奏できるとかっこいいです。 ピアノやエレクトーンを昔習っていたという人も多…

伊藤賀一先生のツイッターがためになる

以前からスタディサプリの記事を紹介してきました。 スタディサプリに関する記事 【超オススメ】スタディサプリで勉強をやり直そう 社会科編 - 1億2700万人のうちの誰かのために スタディサプリ、N予備校、結局どっちを使うべき - 1億2700万人のうちの誰かの…

「ぷらそにか」の『流動体について』が素敵!!〜第二のグースハウス誕生か〜

ユーチューブのチャンネルに、「ぷらそにか」というのがあります。 平均年齢19歳の、まだ若いアーティスト集団です。 今回は彼らについて紹介したいと思います。 1.第二のグースハウスに グースハウスというのはチャンネル登録者が100万人を超えている大物ユ…

ついに帰ってきたー!!!オザケンのニューシングル「流動体について」が発売

今年に入って一番良い意味で衝撃的な出来事でした。 まさかまた日本の音楽シーンにオザケンが戻ってくるとは!! 1.オザケンとは 小沢健二という、90年代を席巻したアーティストがいたのを今の若い人は知らないかもしれませんね。 彼は家柄もすごいのです…

入ってはいけない危ないサークルの見分け方〜下手すると大学四年間を棒に振ることになるからよくよく心に留めておいてね〜

ブラック企業という言葉がありますが、今回は入ってはいけない「ブラックサークル」の見分け方を、過去に「ブラックサークル」に所属していたことのある私がお伝えしたいと思います。 1.新入生歓迎会(新歓)の費用が新入生は全部無料 これには注意が必要で…

英語の成績を上げるための三箇条

英語の成績を上げるにはどうすれば良いのでしょうか。 まずは一つ決めた英文読解の文章を味わいつくすべし。 次にその文章の音読を徹底すべし その文章の内容を日本語を介さずに英語のまま理解できるようにするべし 基本的には、学校の授業で扱う長文をこれ…

【中高生必読】池上彰『そうだったのか現代史』は現代の国際社会を理解する上でのバイブル

昨日に引き続き、池上彰氏の著作を紹介します。 現代史を学び直そう 学校の授業で現代史といえば、「あとは自分で読んでおいて」で終わることが多いですよね。 私の学校では先生が気を利かしていちおう授業はしてくれましたが、それでも他の単元に比べるとか…

【中高生必読】池上彰『知らないと恥をかく世界の大問題』シリーズを私がオススメする理由5選

テレビでも有名な池上彰氏が毎年刊行しているシリーズに『知らないと恥をかく世界の大問題』という本があります。 今回は私がこの本をオススメする理由を書いていきます。 前年の出来事を総復習できる 世界では日々いろんなことが起きています。現在世界で起…

北方謙三『水滸伝』の魅力

『水滸伝』というと、中国宋代の反乱軍を描いた物語で、108人の豪傑が登場することで有名ですよね。 いろんな作者が『水滸伝』を書いていますが、私のオススメは北方謙三氏の書いた『水滸伝』です。 なぜかというと、北方謙三氏の『水滸伝』は、108人…

『騎士団長殺し』の面白さ 村上春樹ワールド再び

2017年2月23日に、村上春樹氏の新作『騎士団長殺し』がついに発売されました。 長編の新作は実に7年ぶりのようです。 私は学生時代に村上春樹氏の前作『1Q84』を読み書けましたが、途中で辞めてしまいました。 それは図書館で返す期限が来てしまった…

英単語の、二度と忘れなくなる学習法を教えます【続編】

前回の記事の続きです。 前回1週間で100個の英単語を覚える方法を伝えました。 今回はそのせっかく覚えた英単語100個を忘れないようにするための学習サイクルについて書きます。 2週間目も1週間目と同じように勉強を進めていきますが、6日目の学習を始め…

英単語の、二度と忘れなくなる学習法を教えます

勉強をしていると覚えるべき出来事がたくさん出てきます。 今回は、きちんと実行すれば学習内容を忘れなくなる暗記の方法について、英単語を例にしてお伝えします。 まずは、覚えるべき目標の個数を決めて下さい。 ちょっと無理かもと思えるぐらいの個数がオ…

スタディサプリ、N予備校、結局どっちを使うべき

ここ三日間、スタディサプリと、N予備校について書いてきましたが、結局どちらが良いのかという疑問にお答えします。 各教科それぞれ、この教科はスタディサプリの方が良い、この教科はN予備校の方が良い、というのはありますが、あくまで現時点での総合的な…

【超オススメ】N予備校がすごい 数学編

前回に引き続きN予備校について紹介していきます。 今回は数学編です。 N予備校の数学を担当されているのは坂田アキラ先生です。 坂田先生の数学の授業はとにかく面白くて分かりやすい最高の授業だと思います。 私は、初めて坂田先生の授業を受けた時、数学…

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー 当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用することがあります。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他…

【超オススメ】N予備校がすごい!! 社会科編

前回はスタディサプリについて書きました。 今回は昨年開校されたネット予備校であるN予備校について紹介します。 まだできたばかりなので発展途上で、社会科に関しては世界史と日本史しかありません。 ちなみに、3月末までは無料のようで、4月以降は有料…

【超オススメ】スタディサプリで勉強をやり直そう 社会科編

今の世の中は便利なもので、予備校にわざわざ通わなくても家で寝転がりながら一流の先生の講義を見て学ぶことができます。 そんなネット予備校の中でも最大手がリクルートが運営しているスタディサプリです。 今回は社会科について書きます。 まずは、世界史…

野口英世から学ぶ生き方

今回は野口英世から学べることです。 結論から書くと、「とにかく努力、努力、努力!!それでもどうにもならないことは、プライドを捨てて頭を下げ人を頼る」ということです。 日本で生きていれば一日に一回は目にする人の筆頭が野口英世ではないでしょうか…

秋葉原 ガチャポン会館に行ってみた

秋葉原にガチャポン会館という、大量のガチャポンを取り揃えた店があるらしいので、行ってみました。 こんな感じで中には溢れんばかりのガチャポンが所狭しと並んでいました。 これはなかなか壮観です!! こんな光景をほかではなかなか見ることができないで…

やりたくない事をやらないといけない時の心構え

生きているとやらないといけないけれどやりたくない事というのも当然出てきます。 例えば、 自分のやりたい勉強をするために大学に入ったはずなのに、興味もない授業が必修でありレポートを出さないといけない 教科指導を頑張るために教員になったのに部活指…

受験で第一志望に不合格だった時の切り替え方 〜受験生より少しだけ長く生きている社会人からのメッセージ〜

今年の受験シーズンもほぼ終わりました。 受験生の皆さん、お疲れ様でした。 既に合格が決まり新生活に心躍らせている人、発表待ちの人、残念ながら浪人が決まった人、第一志望には入れなくて別の学校に行く人と様々だと思います。 今回は残念ながら第一志望…

新庄剛志(元プロ野球選手)から学べる、人としての魅力の作り方

数いる元プロ野球選手の中でも記憶に残る選手といえばこの人、新庄剛志選手だと思います。 敬遠球を打ちサヨナラヒットにしたり、アメリカで野球をすることを突然発表したり、まだ身体的に衰えがそんなにきていない時点で引退を発表したりと、予想だにしない…

ファッション初心者の新大学生へ ダサくないファッション教えます(春夏編)

今までファッションのことを全く気にしていなかった新大学生(男)のために、ダサく見られないためのファッションを解説します。 巷にはオシャレな服装の説明がたくさんありますが、初心者にとってはなかなか敷居が高く、取り入れても服だけが浮いてしまうと…

【新製品】いちごティーが発売だとっ!?

「なに、いちごティーだと!!これは買わねば」と思い、昨日買ってきました。 どうやら新発売らしく、各コンビニに並んでいます。 コンビニに一日一回は行っている(何かを買うとは限らない。ただ入るだけ入って新製品を探しているだけの場合もある)私でも…

上を目指す人必見!! 【ユーチューバー】ヒカルから学べること

日本で一番トークが上手いユーチューバーはヒカルでしょう。 彼は自分の強みをよく知っています。 以前私は記事で、「自分にしかない価値」を生み出す大切さを説きましたが、ヒカルチャンネルには、数あるユーチューバーの中でこの分野ならトップになれると…

衝撃!! 清水富美加出家騒動について

女優の清水富美加さんがまさかの出家するということで、仕事を放ったらかしにした件について、大御所の芸能人たちはことごとく、「仕事をきちんと片付けてから事務所を辞めるべきだった」と言っていました。 唯一、ダウンタウンの松本人志さんは辞めたことに…

必見!! 上京する大学生へ アルバイトでの心構え編

前回アルバイトについての記事を書きましたので、今回はその実践編です。 心構えとして大切なのは、その職場の人の中で、本当にどんな事でも良いので「これなら誰にも負けない」ということを作ることです。 本当に何でも良いです。 「自分は新人なのにそんな…

必見!! 上京する大学生へ アルバイト編

今回は東京でのアルバイト事情について書きます。 さすが首都東京、基本的にいろんなアルバイトがあるので、たくさん経験してみるのも良いでしょう。 定番のコンビニや飲食店では、恐らく外国からの留学生と思われる人たちが多いです。 この記事を読んでいる…

必見!! 上京する大学生へ 大学生活編

大学生は基本的に時間がたくさんあります。 なので、サークルや部活、アルバイトなどを大多数の人がしています。 私のオススメは、自分の居場所を二つ以上作っておくことです。 これに関してはあればあるほど良いでしょう。 二つ以上の居場所を作るのは簡単…

必見!! 上京する大学生へ 住む場所編

大学入試も残す所わずかになってきましたね。 東京の私立大学に合格が決まり新生活に希望を抱きつつ、でも上京への不安も感じでいる方が多いのではないかと思います。 かつての私もそうでした。 怖がりな私にとって何より心配だったのは東京の治安でした。 …

お問い合わせ

読み込んでいます...