1億2700万人のうちの誰かのために

東京の誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

歴史

東大日本史を学べる本Part1、『東大の日本史「超」講義』

東大の日本史って面白いよという趣旨の本がたくさん出版されています。 私はそのだいたいを購入しましたので、順番に記事にしていきます。 今回は東進ハイスクールでも教鞭をとられていた相澤理先生の『東大の日本史「超」講義』についてです。 1.構成 実際…

スタディサプリ講師、村山秀太郎の『これ一冊!世界文化史』で文化史対策はバッチリにしよう!!

スタディサプリ講師の村山秀太郎先生の『これ一冊!世界文化史』は教養に満ち溢れた本で超オススメです。 私立文系のやたら細かい世界文化史まで網羅しており、その知識についての村山先生のコメントとともに書かれているので、より頭に残ります。 1.受験生…

日本史の感動エピソード満載!!〜『感動する!日本史』〜

日本史には数多の感動エピソードがあります。 教科書だけを読んでいてもそういう偉人たちの生き様は見えてきません。 偉人たちの感動的な生き様を知るためにはこの本を読んでみるのがオススメです。 1.構成 歴史上の偉人について、一人ずつに10ページ程を割…

『応天の門』第7巻発売!!藤原家内部のバトル勃発

以前に紹介した『応天の門』の第7巻が発売されました。 以前の記事はこちらから。 今回は今までのような数話で完結する話ではなく、一巻まるまるで一つのストーリーとなっています。 夢中になって読んでしまうことができました。 1.藤原家内部の争い 今回は…

神社と日本史について学べる本〜『神社で読み解く日本史の謎』〜

以前このような記事を書きました。 お寺と日本史について学べる本〜『お寺で読み解く日本史の謎〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために 今回は同じシリーズの、『神社で読み解く日本史の謎』という本を紹介します。 1.神社とは 神社には日本古来の神々が祀ら…

お寺と日本史について学べる本〜『お寺で読み解く日本史の謎〜

日本史の謎を解き明かす系の本はたくさん出版されています。 例えば 日本史の謎を地形・気象の観点から〜『日本史の謎は地形で解ける』〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために の記事もそういう本について書いています。 今回は、日本史とお寺の関わりから謎…

歴史と地理で世界情勢を解説〜『大国の掟』〜

現代の世界情勢は本当に複雑ですよね。 だからこそ、複雑な世界情勢を解説してくれるような本もたくさん出版されています。 いろんな人がその手の本を書いていますが、やはり佐藤優さんが第一人者だと思っています。 佐藤優さんは、元外交官でロシアに精通し…

日本史の謎を地形・気象の観点から〜『日本史の謎は地形で解ける』〜

『日本史の謎は「地形」で解ける』という本のシリーズがあります。 今回はそのシリーズの第2弾である、文明・文化編についての書評を書いていきます。 作者は竹村公太郎さんという、元建設省でダムや河川事業を担当していた、いわば、地形のプロの方が書いた…

世界史の流れが掴める本、『世界一おもしろい世界史の授業』

グローバル化が叫ばれて久しい現在、世界史を勉強しようと考えている人は多いでしょう。 でも何から入れば良いのか、教科書は無味乾燥すぎるし、受験参考書は受験に寄りすぎているし、何かサクッと読めて世界史を学べる本はないか。 『世界一おもしろい世界…

スタディサプリ講師、伊藤賀一先生の著書『世界一おもしろい日本史の授業』

スタディサプリ講師の伊藤賀一先生の一般書に、『世界一おもしろい日本史の授業』という本があります。 これは伊藤先生の日本史の授業の様子がこんな感じなのかということを垣間見ることができる本です。 日本史にせっかく興味を持っても、受験参考書だと受…

百人一首の魅力に迫る、『眠れないほどおもしろい百人一首』

百人一首といえば、有名な小倉百人一首を思い浮かべると思います。 これは、平安時代から鎌倉時代にかけて活躍した藤原定家が、義父の頼みで優れた和歌を100首選んだものです。 藤原定家が自分の好みで選ぶことができたため、彼の好みをふんだんに反映した作…

『日本史〈伝説〉になった100人』で偉人の凄さを学ぼう

『 日本史〈伝説〉になった100人』という本を読みました。 主に高校日本史までの登場人物で優れた能力を発揮した人物についての紹介が書かれています。 今回はこの本に登場する人物の中から、私が特に印象に残った偉人を紹介しつつ書いていきます。 1.塙保己…

直江兼続、「愛」に生きた男

今回のテーマは直江兼続についてです。 上杉景勝の軍師として、景勝を支え続けた男です。 「天地人」という大河ドラマでは主人公でしたよね。 妻夫木聡さんが演じていました。 「愛」の兜でも有名ですよね。 1.生誕 直江兼続は生誕が1560年ですので、ちょう…

豊臣秀吉の小田原攻め〜天下取りへの最後の一歩〜

今回は豊臣秀吉の小田原城攻めについて書いていきます。 1.それまでの過程 1582年の本能寺の変の後、豊臣秀吉が天下取りに名乗りを上げ、各地の戦国大名を恭順させていきました。 徳川、長宗我部、島津など、名だたる大名を従えた豊臣秀吉に対して、未だ…

加藤清正にまつわるエピソード〜秀吉への義理を果たした忠義の武将

今回は加藤清正(1561〜1611)にまつわるエピソードについて書きます。 ちなみに、持っておくと良い時代感覚として、桶狭間の戦いが1560年であることを知っておくと便利です。 清正もそうですが、1560年以降に生まれていますので、信長や秀吉、家康…

黒田官兵衛にまつわるエピソード〜最強軍師の唯一の誤算〜

この記事は 竹中半兵衛と黒田官兵衛〜豊臣秀吉を支えた軍師〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために の続きです。 こちらを読んでからの方がより理解して頂けると思います。 1.本能寺の変に際して 黒田官兵衛は本能寺の変の知らせを受けた際、うなだれる豊臣秀…

竹中半兵衛と黒田官兵衛〜豊臣秀吉を支えた軍師〜

竹中半兵衛と黒田官兵衛といえば、豊臣秀吉のもとで大活躍した名軍師です。 今回はこの二人にまつわる話を書いていきます。 1.竹中半兵衛 美濃国(岐阜県)出身で、美濃国の大名、斉藤龍興に仕えていました。 戦国時代に名を残した人物というのは、「いかつ…