1億2700万人のうちの誰かのために

東京の誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

必見!! 上京する大学生へ 住む場所編

大学入試も残す所わずかになってきましたね。

東京の私立大学に合格が決まり新生活に希望を抱きつつ、でも上京への不安も感じでいる方が多いのではないかと思います。

 

かつての私もそうでした。

 

怖がりな私にとって何より心配だったのは東京の治安でした。

何となく、危なそうなイメージを持っていました。

でも、もう何年も東京に住んでいますが、危ない目にあったことは一度もありません。

むしろ、夜中でも明るいし人通りも多いので、地方都市よりも安全なのではないかと思うほどです。

 

私が大学四年間で住んでいた地域は東京でも有数の治安が悪いと噂される所(実際、入学してから先輩に話すと、「おまえ、あんな所に住んでるのか、大丈夫か」と言われましたが、平穏無事に暮らすことができました。

 

なので、私の結論としては、必要以上に治安のことを心配する必要はないということです。

 

住む場所を選ぶポイントも書いておきます。

 

東京は地下鉄、電車の路線が充実しているので、基本的に住む場所はどこでも大丈夫です。

 

ただ、私の圧倒的オススメは大学の近くに住むことです。

 

理由はいくつかあります。

 

一つは、東京の通勤ラッシュがえげつないからです。

本当にうんざりします。

できれば徒歩で大学に通える範囲に住むのが良いでしょう。

 

もう一つの理由は、通学のために早起きをしなくて住むからです。

大学に行くと基本的には出席するも欠席するも自由です。

一人暮らしならサボっても親には分かりません。

大学の先生も別に気にしません。

こんな状況で、地獄のような通勤ラッシュに巻き込まれれば、「サボろうかな」となってしまうのも無理はないでしょう。

 

もちろん、サボるのも大学の醍醐味のような所もあるので、私も適度にサボっていましたが、単位はほとんど落としませんでした。

これはひとえに、家が近かったおかげです。

 

友達とわいわいするのが好きな方は、大学の近くに住んでいると、しょっちゅう誰かが泊まりにくるなんてことも起こり得ます。

というか、遠くから通っている実家生も多いので、「泊めてくれ」と言われると思います。

そんな時に、友達と一晩語り合うというのも素敵な経験になるのではないでしょうか?