1億2700万人のうちの誰かのために

東京の誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

上を目指す人必見!! 【ユーチューバー】ヒカルから学べること

日本で一番トークが上手いユーチューバーはヒカルでしょう。

 

彼は自分の強みをよく知っています。

以前私は記事で、「自分にしかない価値」を生み出す大切さを説きましたが、ヒカルチャンネルには、数あるユーチューバーの中でこの分野ならトップになれるという方向性が既に固まっていました。

それは、「トーク力」と「お金をたくさん使える」ということです。

 

彼自身が自分のチャンネルのことを究極の暇つぶしと言っているように、ヒカルチャンネルは「視聴者がやってみたい、気になる、けれど、自分にはできないようなこと」を、お金持ちのヒカルが代わりに検証してくれ、さらには持ち前のトーク力で楽しませてくれます。

 

現在では世間からも認知されるようになり、登録者も、100万人を超えている彼ですが、ヒカルゲームズチャンネルをメインにゲーム実況していた頃は、伸び悩んでいる時もありました。

 

そんな中でも、彼がすごいのは、どうすれば再生回数が伸びるのかをひたすら自己分析し続け、すぐに軌道修正していた所です。

 

時にはそれで軸がブレていると批判されることもありましたが、自分の信じた道を進むことで登録者100万人という大台を突破しました。

 

また、きちんと有言実行している所も彼のスゴイ所です。

 

登録者が全然いない頃から100万人達成すると言っていました。

そして実際にそれを達成してしまいました。

 

彼の生き方からは、我々も何か大きな事を為す上で大切な事を学べます。

 

まず、自分の目標を口に出すこと。

壮大な目標であればあるほど口に出すことが大切です。

 

そして、実行すること。

最初はむやみやたらに、ガムシャラに実行することで、必ず良い点と悪い点が見えてきます。

そこできちんと自己分析を行い、PDCAのサイクルを回し続けること。

 

もし成功には法則があるとするならば、「行動し、結果を踏まえて地道なPDCAを回し続けること」これにつきるということを、彼からは学べます。

 

また、その才能のあるトークにしても、初期の頃はコンプライアンスを気にせずどんどん過激なことを言うスタイルでしたが、視聴者が増えてくるにつれて、余計なことは言わないように意識しているような気がします。

これは、ユーチューバーの先駆けであるヒカキンさんも同じで、彼も昔の動画では若い今風の兄ちゃんという口調でしたが、今ではとても丁寧な模範的な言葉遣いで、キッズ達を楽しませています。

こういった、地道な軌道修正は本当に大切ですね。

 

彼らほどの才能がある人でも、こういった地道な裏での努力があるのですから、まして我々はもっとこのことを理解して自分の夢への一歩を踏み出していくべきですね。