読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1億2700万人のうちの誰かのために

さすらいの塾講師が、誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

【超オススメ】N予備校がすごい!! 社会科編

勉強

前回はスタディサプリについて書きました。

 

今回は昨年開校されたネット予備校であるN予備校について紹介します。

まだできたばかりなので発展途上で、社会科に関しては世界史と日本史しかありません。

ちなみに、3月末までは無料のようで、4月以降は有料になるという話です。

値段まではまだ分かりません。

 

まずは世界史についてです。

駿台予備学校でも教鞭をとられている茂木誠先生が担当しています。

レベルとしてはセンター試験で満点をとれるぐらいのレベルですね。

(センターで満点とれるレベルなら、国公立の二時試験は大丈夫です。論述問題も結局は基礎知識の積み重ねですので。もちろん、練習はしないといけませんが。)

茂木先生の語りがとても魅力的で、時には一人芝居も交えながら歴史上の出来事を語ってくれます。

なのでまるでその時代にタイムスリップして神の視点でその出来事を見ているかのような気分になります。

よく教科書を読んでも頭に入ってこないという意見がありますが、茂木先生も現在の教科書には否定的で、そこまで言うほどですから、授業はとてもドラマティックに印象に残るように展開されるのがさすがです。

また、iPadを駆使して地図に書き込む形で授業が進むので、こちらがわざわざ資料集で地図を確認しなくても、画面を見ているだけで当時の国の配置などが頭に入ってくる所も魅力です。

私はN予備校が有料になったとしても茂木先生の授業なら受けたいです。

(茂木先生はもぎせか資料館という自身のサイトを運営されていて、そこに駿台での講義音声がありますので、興味を持った方はまずそちらを聞いてみるのもオススメします。)

 

次は日本史について。

松本恵介先生が担当されています。

こちらも世界史と同じでレベル的にはセンター試験で満点がとれるように授業が進みます。

すごく聞き取りやすい関西弁でテンポの良い授業が展開されます。

日本史の理解し難い所(土地制度など)も、この先生に任せておけば理解できそうという安心感を感じさせてくれます。

そして実際によく分かります。

重要事項をきちんと強調してマークを付けてくれるので、あとから見直した時にも分かりやすいです。

また、松本先生が考えた独自の語呂合わせがたびたび出てきます。

これは本当にすごいです!!

覚え方の工夫まで教えてくれるのはとてもありがたいですね。

松本先生は仏像を愛している方で、日本史の中でも厄介な仏像暗記ですが、先生の授業をうければ必ず「仏像楽しい!!」となります。

そして仏像が出てこない時代は「なんだよ、仏像出てこねーのかよ!つまらねぇな!」となります。

生徒の苦手単元を得意に変えてしまう、先生の話術がとにかくすごいです。

 

今後は地理や政治経済の授業もできるようなので、私はとりあえず有料になっても続けたいと思っています。