1億2700万人のうちの誰かのために

東京の誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

はじめしゃちょーのスキャンダル〜謝罪の仕方は正解か〜

先ほど、はじめしゃちょーのチャンネルで今回の騒動についての経緯の説明が為されていました。

 

今回はそのことについてまとめ、謝罪の方法として適していたのかを検証していきたいと思います。

 

1.そもそもの経緯

 

そもそも、はじめしゃちょーに彼女がいた所で何も問題はないですよね。

 

今回は、彼女との交際時期に別の女性とも関係を持っていたのではないかということが問題となっていました。

 

また、その交際相手がなんと同じ事務所の木下ゆうかさんだったのではないかということが噂されていました。

(これについては、木下ゆうかさん本人が暴露したようです。)

 

そして、騒動について説明する動画で、はじめしゃちょーは交際時期が被っていたことを認めました。

 

一応は別れ話の途中だったようですが。

 

2.謝罪方法は正解だったか。

 

私は騒動についての動画をアップし、包み隠さず説明をすることは非常に良い対応だと思います。

 

謝罪方法にもいろいろとありますよね。

挑戦的な謝罪のベッキーパターン

話さなくても良いような余計なことまで話してしまう乙武パターン

泣き出してしまうノンスタ井上パターン

など。

 

今回のはじめしゃちょーの動画では、スーツにネクタイ姿で、最低限の説明と謝罪が為されており、対応も速くて良かったと思います。

こういう、スタンダードな謝罪が事態を収束させるには一番効果的です。

 

少なくとも無視を決め込むカブキンパターンはダメですよね。

いつまでも言われてしまいますから。

 

ただ一つ気になったのは、どうしてコメント欄や評価数を非表示にしたのかなということです。

 

当然、様々なアンチコメントが書き込まれると思いますし、低評価も多くなると思いますが、それは受け止めるべきではないのでしょうか。

 

3.今後どうなるのか

 

これ以上のスキャンダルが噴出しなければ、徐々にこの騒動も忘れられていくでしょう。

 

迅速な対応が功を奏すると考えられます。

 

そして、登録者数や再生数もそこまで減ることはないと思います。

 

はじめしゃちょーの動画のクオリティが高いことには変わりはないですし、彼がここまでたくさんこ努力を積み重ねてきたことも事実ですから。

 

あとは、事務所や周りのユーチューバーが必要以上の余計な対応をせず、自然に騒動が収まるのを待てば良いでしょう。

 

ただ、明日どのような動画をはじめしゃちょーは出すのでしょうね。

 

出さないと逃げたと思われますが、ふざけた内容だと反省していないととられますし、かといって真面目過ぎると彼らしさが失われますから、難しい所です。

 

ですが、自分の非は認め謝罪をする姿勢は本当に素晴らしい対応だと思います。

 

 

 

 

こちらも参考に

はじめしゃちょーにスキャンダル発覚〜フリーで活動する人に大切なこと〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために