読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1億2700万人のうちの誰かのために

さすらいの塾講師が、誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

はじめしゃちょーのスキャンダルから学ぶ〜プライペートな出来事に謝罪は必要なの?〜

ユーチューバー 生き方

f:id:hagon:20170324005918p:image

 

今回のはじめしゃちょーのスキャンダル騒動から話を広げ、有名人がプライペートでの騒動で世間に謝る必要があるのかについて書いていきます。

 

1.世間への謝罪は必要!?

 

感情的には私も必要はないと思っています。

 

ですが、世の中には騒動やスキャンダルを無視することを好まず、謝罪を求める人も多いのも事実です。

 

そういう人たちは謝罪をした所で結局納得はしないのですが、それでも成功者が頭を下げている姿を見ることで優越感に浸り、騒動のことを忘れてくれることがあります。

 

騒動を起こした側にとって一番嫌なのは、いつまでも蒸し返されることですよね。

 

なので、形だけでも謝罪している所を見せることで早く忘れてもらうことができるのなら、ここは一つ大人になってそうするべきでしょう。

 

何よりも自分のために。

 

2.ライトな視聴者層の同情を誘うことができる

 

私ははじめしゃちょーのファンではありませんので、毎日彼の動画を見るということはなかったですが、週に1回ぐらいは見ていました。

 

そんなライトな視聴者の私は、あの謝罪動画を見て「迅速な対応は素晴らしい。これにめげず頑張って欲しい」と思いました。

 

炎上を叩きたいだけの人や熱狂的なファンはそんなに多くはなく、一番数が多いであろうライトな視聴者層の同情を誘うことができるので、謝罪しておくことはかなり効果的です。

 

もちろん、そういう風に考えていることを悟られてはいけませんよ。

 

裏でせせら笑っているベッキーパターンは、ライトな視聴者層までも怒らせることになってしまいますから。

 

3.まとめ

 

プライペートでの騒動については基本的には当事者同士が納得して解決していればそれで良いはずです。

 

私たちは今回の騒動で何も迷惑をかけられていない訳で、迷惑をかけた人に対して誠心誠意謝罪をし、相手が許してくれればそれで良いじゃないですか。

 

ところが人気商売の有名人の場合、最近はそうもいかなくなってきています。

 

この世の中の流れに対して逆らうのも良いですが、相当の覚悟が必要でしょう。

 

それなら、素直に謝ってしまうのが一番早く復帰する近道なのではないかと思います。

 

もちろん、法を犯している場合はダメですが。

 

 

 

ユーチューバーに関する過去の記事はこちら

はじめしゃちょーのスキャンダル〜謝罪の仕方は正解か〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために

はじめしゃちょーにスキャンダル発覚〜フリーで活動する人に大切なこと〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために

オススメのユーチューバー3選〜このチャンネルをチェックしておけば間違いない〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために

上を目指す人必見!! 【ユーチューバー】ヒカルから学べること - 1億2700万人のうちの誰かのために