読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1億2700万人のうちの誰かのために

さすらいの塾講師が、誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

中学受験の理科はスタディサプリで乗り越えられる

f:id:hagon:20170412052253j:image

 

以前からオススメしているスタディサプリですが、今回は理科について書きます。

 

1.中学受験の理科は扱う内容が幅広い

 

中学受験の理科では、覚えるべき知識がたくさんあるだけでなく、計算問題も出題されます。

 

なので、暗記系が得意で理科の勉強が好きだった子も、水溶液の中和反応の計算や浮力の計算などでつまずくことが多いです。

 

しかも、理科の場合、リード文から実験の内容を上手く読み取ることが大切なので、算数とも少し傾向が異なっています。

 

以上の点で、中学受験生は理科の勉強にもかなりの時間を取られる訳ですが、そんな時に助けとなるのがスタディサプリです。

 

2.小学理科の応用編

 

スタディサプリの小学理科応用編の講座では、受験生がつまずきやすい計算問題に絞って解説が為されています。

 

単元も細かく分かれているので、自分の苦手な所から効率良く学ぶことができます。

 

授業は電子黒板で進むため、スピード感もありテンポよく学習ができます。

 

なので、飽きることなく、次から次へと計算問題を演習していくことができます。

 

3.解説が分かりやすい

 

理科の講座は基礎編と応用編に分かれています。

 

応用編の方で計算問題や理科のややこしい所を解説してくれるのですが、論理的な説明が為されるためとても印象に残りやすいです。

 

私がかつて中学受験をした時に理解できていなかった計算を、スタディサプリの理科の講座でやっと理解することができました。

 

また、映像授業なので、何度でも同じ説明が聞けるというのも良いですね。

 

4.基礎編もオススメ

 

理科の場合、「これはこういう風になります」と言われても何も面白くないですよね。

 

結果ではなく、その結果をもたらした実験をやはり知りたいものです。

 

基礎編の方では、実際に講師の方が実験を行ってくれますので、資料集などでしか見たことがなかったものを映像で詳しく見ることができます。

 

これはなかなか知的好奇心がくすぐられますよ。

 

塾の受験クラスでは、実験を行っている時間が

とれないので(本当はもっと実験の時間が必要ですよね)その分をスタディサプリで学ぶことができるのです。

 

5.スタディサプリで理解をしたらどんどん問題演習をしよう

 

スタディサプリで学習をすれば理解ができますので、買ったままで手をつけていなかった問題集などがスラスラと解けるはずです。

 

一度「できる」という感覚が味わえれば、面白くなってきてどんどんと理科の成績も上がってくるはずですよ。

 

 

スタディサプリについての関連記事

 【超オススメ】スタディサプリで勉強をやり直そう 社会科編 - 1億2700万人のうちの誰かのために