1億2700万人のうちの誰かのために

東京の誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

丁寧に作り込まれたRPG〜軌跡シリーズPart1

日本ファルコムという会社が作っているゲームのシリーズに、英雄伝説シリーズがあります。

 

このシリーズの中でも特に人気で続いているのが、いわゆる「軌跡シリーズ」です。

 

今の所、「空の軌跡」として三作、「零の軌跡」、「碧の軌跡」、「閃の軌跡」として二作と、かなりシリーズが続いています。

 

今回はその最初の作品、「空の軌跡」の中でも一番最初の作品「空の軌跡FC」について書いていきます。

 

1.ストーリー

 

舞台はリベール王国。

周囲を大国に囲まれ、その中で外交戦略で生き残っているような国だ。

 

見習い遊撃士(依頼を受けてそれを解決する民間の団体)の主人公エステルとヨシュアはリベール王国の各地を回る中で、一見平和な王国の陰で渦巻く陰謀に巻き込まれていくという話です。

 

2.丁寧に作り込まれたRPG

 

私もこの触れ込みはよく聞いていました。

 

実際にプレイしてみて、確かにこんなRPGは他にはないなと感じました。

 

なんと、作中のイベントが進むと、街中のモブキャラとの会話内容が変わるのです。

 

また、モブキャラ一人一人にも名前がきちんとあるので、愛着が湧き、モブキャラと話すのが楽しくなるほどです。

 

モブキャラはモブキャラなりに悩みを抱えているだろうし、生きていればうれしいことや悲しいこともあるだろうし、そういったストーリーの大筋とは関係のない所まで丁寧に描かれているのが素敵な所です。

 

もちろん、大筋のストーリーにも様々な伏線が張られており、三部作の一作目としてかなりの完成度を誇っています。

 

3.ヨシュアがとにかくかっこいい

 

主人公エステルの幼馴染であるヨシュアがとにかくかっこいいのです。

 

エステルを常に支えているのですが、どこか陰のある様子。

 

恐らく過去に秘密を抱えているのだろうことが仄めかされます。

 

陰のあるキャラクターはどんな作品でもやっぱり人気がありますよね。

 

まさしく、そういうキャラクターです。

 

もちろん、イケメンで思いやりがあって強いという要素もあります。

 

さて、そんなヨシュア君ですが、最後にとんでもない秘密が明かされたあたりで一作目は終了です。

 

私はこんなに良い所で終わるゲームは他にプレイしたことがありません。

 

それぐらい衝撃的なラストでした。

 

4.まとめ

 

プレイしてみて損はないゲームです。

 

落ち着いてじっくりとRPGを楽しみたいという人にはかなりオススメの作品になっています。

 

私がプレイしたのはPSP版ですが、今はPS3PSvitaにもリメイクされているようです。

 

何度もリメイクされるというのはそれだけ色褪せないゲームだということの証拠ですね。

 

英雄伝説 空の軌跡FC

英雄伝説 空の軌跡FC