1億2700万人のうちの誰かのために

主に書評とユーチューバーの紹介をしていますが、その他いろいろ書いています

一人暮らしの人も回転寿司を利用するのは超オススメ

f:id:hagon:20170507231434j:image

 

一人暮らしをしているとなかなか回転寿司に行く機会がないですよね。

 

今回は一人暮らしでも回転寿司を利用することの良さを書いていきます。

 

1.回転寿司はファミリーのためのものという固定概念

 

かつて私にもこういう固定概念がありました。

 

一人で行くのが気恥ずかしいという気持ちももちろんありましたが、それ以上に「えっ、そもそも回転寿司って一人で行って良いの?」と思っていました。

 

でも、よくよく店内を見るとカウンター先もたくさんありますし、一人で来ている人もいます。

 

かつて住んでいた所の近くには企業の本社があったため、昼休みの時間帯にはサラリーマンがよく一人で来ている光景を見かけました。

 

だから、一人で回転寿司に行くというのは別に普通のことなんですよね。

 

そのことに気づいてからは、私も回転寿司をよく利用するようになりました。

 

なので、回転寿司に入ろうと思ったけれども一人だったからためらって入れなかったという人も、気にしなくて良いですよ。

 

回転寿司に一人で行くのは普通のことです。

 

2.安く寿司が食べられる

 

お寿司は高級店と回転寿司のような大衆店に分かれると思います。

 

高級店は恐らく一人で行くのも普通なのでしょうが、なかなか敷居が高いですし、お金もかかります。

 

一方回転寿司はファミリー層のためのものという認識があったので、私は一人暮らしを始めてから数年は寿司とは無縁の生活を送っていました。

 

ところが、「一人で回転寿司に行っても良いんだ」ということに気づいてからは、週一ぐらいで行くようになりました。

 

値段はだいたい千円台でおさまりますので、他のレストランに比べてそれほど高くなるということはありません。

 

スーパーでお寿司を買うといろんな種類を食べられないですし、スーパーのお寿司もけっこう高いですから、お寿司を食べたい人が回転寿司に行くというのはかなりオススメです。

 

3.茶碗蒸しと味噌汁がおいしい

 

回転寿司での私の楽しみはお寿司だけではありません。

 

最近はサイドメニューも充実してきています。

 

ただ、お寿司を食べに行く目的なので、フライ物とかは全く注文しないですが、茶碗蒸しと味噌汁は最高ですね。

 

ホッと一息落ち着ける優しい味です。

 

こういったものも、他のレストランではなかなか注文する機会がありませんが、和の風味は時々食べたくなりますよね。

 

4.緑茶も良い!!

 

回転寿司にはだいたいカテキン入りの緑茶が自由に飲めるように置いてありますよね。

 

お茶とお寿司と茶碗蒸しと味噌汁、これがすごく合う!!

 

絶妙なコンビネーションです!!

 

5.小規模の回転寿司チェーンも

 

かっぱ寿司くら寿司、スシローなどの大型チェーン店はもちろんですが、小規模の回転寿司店もあります。

 

こういった所では、職人の方が目の前で好きなお寿司を握ってくれますので、大型チェーン店とはまた違った良さがあります。

 

値段も少しは高くなりますが、それでも一皿150円〜300円ぐらいまでで食べられますので、ちょっとリッチな思いをしたい時にはオススメです。

 

6.お寿司について思うこと

 

子どもの頃は寿司のネタを重視していましたが、今はネタとシャリのハーモニーが大切だと思っています。

 

それは、外国でお寿司を食べた時に、シャリの形が崩れていて味も崩壊していたのを感じたからです。

 

ネタの方はどこで食べても変わりませんが、シャリに関してはやはり日本の技術をきちんと受け継いだ店でないと厳しいなと思いました。

 

目の前で握ってくれるタイプの小規模回転寿司店では、シャリにこだわっている店もありますので、そういう所ではネタとシャリの絶妙なハーモニーを味わうことができます。

 

7.まとめ

 

回転寿司にもいろんなタイプの店がありますが、基本的にどこの店でも一人で行くことはできますので、恥ずかしいという気持ちがある人も一度気にせず行ってみて下さい。

 

一人暮らしだとなかなか食べられないお寿司が安くたくさん食べられるメリットは計り知れないですよ。

 

また、小規模の回転寿司チェーン店も探せばたくさんありますので、そういう所で実際に職人さんに握ってもらうのも良いものです。

 

家の近くや学校の近く、職場の近くでぜひそういった店を探してみてはいかがでしょうか。