1億2700万人のうちの誰かのために

東京の誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

ヒカキン、セイキン兄弟の共演は安定感もあるし和む!!

f:id:hagon:20170616070323j:image

 

最近のヒカキンさんの動画はキッズだけではなく大人が見ても楽しめるという記事を書きました。

 

現在、ヒカキンさんはあまり体調が優れないようです。

 

どうやら動画の編集などで忙しすぎるようですね。

 

時々やることの多さのあまり過呼吸になっているようで、本人は冗談混じりに「過呼吸キンになっている」と言っていますが、けっこう深刻なのではないでしょうか。

 

そんなヒカキンさんを心配してか、お兄さんのセイキンがヒカキンハウスに駆けつけてきました。

 

1.兄の優しさ

 

弟の体調不良の際に兄が駆けつけるというのはまさに理想の兄弟像ではないでしょうか。

 

セイキンさんがストレス解消グッズとして約20000円のプレゼントを持ってきました。

 

本当に優しいですよね。

 

二人とも同じユーチューバーとして活躍し、同じ事務所に所属しているので、忙しさはよく理解しているのでしょう。

 

また、セイキンさんは既に結婚して奥さんもいますが、ヒカキンさんは恐らく都内のタワーマンションで一人暮らしのため、体調管理の面を心配しているようですね。

 

2.兄弟共演は安定感抜群

 

ヒカキン、セイキン兄弟が共演した時の動画は安定感抜群ですよ。

 

兄弟だけあって息もピッタリです。

 

普段は日本のトップユーチューバーとして、また、事務者の取締役として、しっかりした面を見せることの多いヒカキンさんですが、兄のセイキンさんの前ではやはり素のままでいられるのではないでしょうか。

 

画面が越しにもすごくリラックスしている様子が伝わってきます。

 

また、お互いの誕生日を祝い合ったりと、ほのぼのとした様子が良いですね。

 

私は過激系ユーチューバーを好んで見ていますが、歳をとったせいか安定感のあるほのぼのとした動画も好きになってきました。

 

3.ヒカキンさんが心配

 

ヒカキンさんの体調が芳しくないことは、以前に入院したことからも想像がつきます。

 

働きすぎなんでしょう。

 

毎日メインチャンネルとゲームチャンネルの動画をアップしているので、その撮影と編集及び、ネタを考えたりと、これらを全て一人で行うのはかなり大変でしょう。

 

毎日が締め切り状態の生活ですから、夏休みの宿題を溜める派だった私はそんな生活はできないですね。

 

それに事務所のイベント等で一日つぶれてしまうこともあるでしょうし、動画のストックもなければいけません。

 

ネタがなかなか思い浮かばないこともあるでしょうし、一時期「好きなことで生きていく」とコマーシャルをしていましたが、それはかなり大変なようです。

 

トップユーチューバーとして、子どもの視聴者が多いことの責任感もあると思います。

 

私も子どもを相手にする仕事をしているので言葉遣いや何を話すかに気を遣っているつもりですが、ヒカキンさんの場合は自身の言動が全国に届いてしまうわけですから、私の何十倍も自身の言動に気を遣っていることでしょう。

 

人気になればなるほど、そういう責任が付きまとってくるものです。

 

ストレスで過呼吸になってしまうというのは本当に心配ですね。

 

4.コメント欄が優しい

 

ヒカキンさんのコメント欄には優しい言葉が溢れていました。

 

毎日動画を上げて体を壊すぐらいなら、動画を休んで眠って下さい」と。

 

本当に視聴者に愛されているなと感じます。

 

そういえば、週刊少年ジャンプの『ONE PIECE』も一度作者の小田栄一郎さんが体調不良で入院してからは、だいたい月一で休載の週が設けられています。

 

もちろん、ファンからしてみればそりゃ作品は見たいですが、それ以上にここまで楽しませてくれた作者の体調面も心配になるわけで。

 

ヒカキンさんも同じです。

 

今のヒカキンさんがもしまた入院することになったら、それこそ大勢のファンが悲しむことでしょう。

 

3日徹夜をするというような状況は明らかに健康を害しているので、何とか今の状況が改善することを願っています。

 

 関連記事

ヒカキンが面白い!!〜動画の感じを少し変えてきている!?〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために 

「ばいとのえいくん」というユーチューバーのメンタリズムがすごい!! - 1億2700万人のうちの誰かのために

元akbの高橋みなみが水溜りボンドの動画に登場〜ゆくゆくは高城亜樹とコラボするか?〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために

ユーチューバー、ヒカルの新事業について - 1億2700万人のうちの誰かのために