1億2700万人のうちの誰かのために

東京の誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

フリースタイルダンジョン「MONSTAR VISION」が熱い!!

 フリースタイルラップブームの火付け役となった番組「フリースタイルダンジョン」のモンスター達が夢の共演。

 

出来上がった楽曲が「MONSTAR VISION」です。

 

あまりの話題性にミュージックステーションにまで登場したほどです。

 

今回はミュージックステーションでの楽曲披露の様子を書いていきます。

 

1.チコカリートのパート

 

まず口火を切るのがチコカリートさんです。

 

フリースタイルダンジョンではもともとチャレンジャーとして登場し、後にモンスターになりました。

 

ラップではチャレンジャーからモンスターになった様子を様々な比喩を用いて表現しています。

 

もともとフロウに定評のあるラッパーだけに、気持ちの良いリズムで歌詞を音にハメています。

 

2.T-PABBLOWパート

 

T-PABBLOWさんのパートでは、普段のバトルもそうですが、押韻がとてもかっこいいです。

 

「〜の〜」という形で、単語を二つ繋げて韻を踏むことが多く、小節のケツでバチっとハマるので私はとても好きです。

 

3.DOTAMAのパート

 

最近地上波に出ることも多くなってきたDOTAMAさんのパートでは、小刻みに韻を踏むことが多いですね。

 

独特のフロウでテンションが上がります。

 

4.サイプレス上野のパート

 

サイプレス上野さんのパートではフリースタイルダンジョンでもお馴染みとなったお笑いのようなやり取りが為されます。

 

今回の楽曲では相変わらず良い意味でふざけていますが、バトルでは時々シリアスなかっこいい面も見せてくれます。

 

先日の放送の、vs晋平太戦でのサイプレス上野さんはとてもかっこよかったです。

 

5.漢のパート

 

強面の漢さんのパートは迫力がありますね。

 

落ち着いた早口でどんどんと言葉をハメていきます。

 

オーラが違いますね。

 

6.R指定のパート

 

以前の放送で今回のリリックを考えるのにかなり時間が掛かったと言っていました。

 

フリースタイルダンジョンに自分に勝った相手が言っていたことを上手くリリックに取り入れてラップしています。

 

7.般若のパート

 

ラストの般若さんのパートはラスボスとしての風格に溢れていました。

 

ミュージックステーションでは後ろに他のモンスターを従えている感じでしたので、とても威圧感がありかっこよかったですね。

 

8.テレビで見られる幸せ

 

まさかミュージックステーションに出演するとは思っていませんでしたが、実力のあるラッパーがこれだけ並ぶと、迫力がすごいですね。

 

合いの手だったり、「エイッ、エイッ」とリズムをとったりと、モンスター同士の息がピッタリで、完成されていました。

 

「MONSTAR VISION」は音源もとても良いですが、それ以上にミュージックステーションで映像として見たときのモンスターの共演が熱かったですね。

 

 

MONSTER VISION

MONSTER VISION

 

 関連記事

 フリースタイルダンジョンでラップは面白いものだと学んだ - 1億2700万人のうちの誰かのために