1億2700万人のうちの誰かのために

東京の誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

一人暮らしの人も鳥貴族を利用するのは超オススメ


f:id:hagon:20170620233009p:image

 

以前にこんな記事を書きました。

 

 一人暮らしの人も回転寿司を利用するのは超オススメ - 1億2700万人のうちの誰かのために

 

今回はそれの居酒屋バージョンです。

 

鳥貴族という居酒屋がありますよね。

 

飲み物、食べ物全て280円均一で楽しめます。

 

時々無性に焼き鳥が食べたくなる私は、一人でも鳥貴族に行くことがあります。

 

今回は鳥貴族は一人でも気兼ねな入れるということと、オススメできるポイントを書いていきます。

 

1.カウンターがある

 

店舗にもよるとは思いますが、私がよく行っていた四店舗全てにカウンターがありました。

 

カウンターがあるということは一人客歓迎ということです。

 

かつて私も一人で行くのは恥ずかしいという気持ちがありましたが、あまりにも焼き鳥が食べたかったので勇気を出しました。

 

店内では一人でも当たり前のようにカウンターに通されますので、気にする必要はありません。

 

それでも気になるという人は、「一人でも大丈夫ですか?」と店員に聞いてみましょう。

 

その時の店員の反応が、詰まったり「えっ!?ちょっと確認します」のような感じだとキツイですが、大方笑顔で「大丈夫ですよ」と言ってカウンターに案内されるはずです。

 

また、こちらから先手を取ることで、コミュ力あるけど一人が好きという孤高感も出せます。

 

2.飲み物も280円均一

 

店の場合、単純に飲み物がこの値段で飲めることは滅多にないですよね。

 

それだけでもお得感があります。

 

また、種類もそれなりにありますし、ソフトドリンクもありますので、飲めない人も安心ですよね。

 

実際、私もあまり飲まないので、メロンソーダを頼んでいます。

 

3.焼き鳥だけではない

 

食べ物も焼き鳥だけではありません。

 

サイドメニューもかなり充実しています。

 

私はまずはポテトサラダを頼み、その後に焼き鳥を食べます。

 

焼き鳥はきちんと2本ずつの提供です。

 

そして、締めに鳥雑炊というのがいつものパターンです。

 

だいたい私が満腹になるまで食べても2000円いくかいかないかぐらいです。

 

なので、一人で鳥貴族に行って、誰に気兼ねすることもなく飲み食いするのはとてもオススメできます。

 

4.食べ物は全て国産らしい

 

地産地消を掲げる鳥貴族は全て国産の食材を使っているようです。

 

それでいて値段も安く抑えるというこの企業努力がすばらしいですね。

 

「国産ならば高くても仕方がない」という風潮がある中で、「国産だけど安い」を実現できているのはすごいことだと思います。