1億2700万人のうちの誰かのために

東京の誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

ジョーブログ、北朝鮮に潜入レポート

f:id:hagon:20170623235436j:image

 

ユーチューバーのジョーブログのジョーさんがなんと北朝鮮に潜入レポートしています。

 

ついに北朝鮮にまで潜入ということで、私もわくわくしながら動画を見ました。

 

1.北朝鮮には行ける?

 

北朝鮮には中国経由で行くことができます。

 

もちろん、日本政府は渡航を禁止していますが、世界には北朝鮮と国交を結んでいる国が意外にも多いのです。

 

中国を経由すればあっけなく入国することができます。

 

入ってからもいろいろと厳しい制約はありそうですが。

 

2.行こうと思うのがスゴイ!

 

北朝鮮としても観光客にお金を落としていって欲しいと思っているでしょうから、そんなに危険な目に合うことはないと思います。

 

一方で、最近釈放されたアメリカ人大学生は、北朝鮮のポスターを剥がした罪で拘留中に何をされたのか、、、

 

脳が萎縮した状態で戻されています。

 

これは底知れない恐ろしさを感じますよね。

 

独裁国家ですから日本とは法律も全く違いますし、勘違いで捕まってしまってそのまま拷問を受けるということもありそうです。

 

気になったら即潜入、さすがですね。

 

3.危ないところに行くのを助長はしない

 

何でもチャレンジは良いことですが、危険な地域に行くのを助長はしているわけではないです。

 

実際、シリアやイラクでは日本人が捕まってしまい国内が大騒ぎになったこともありますので。

 

でも、そうやって潜入してくれる人がいるから様々な現地の情報が伝わってきて本当のことが分かるというのも事実です。

 

何らかの使命感を持って危険な地域にでも飛び込んでいき、現地の情報を伝えてくれる人たちを私はリスペクトしています。

 

自分はそんな勇気や使命感を持ち合わせてはいないですから。

 

我々が教科書や本やテレビで知った情報はもしかすると誰かが身体を張って、危険を冒して得てきた情報かもしれません。

 

危険な所に行くのは確かに国家に迷惑をかける可能性もありますが、有益なこともあります。

 

それは紙一重です。

 

でも、私はもっといろんなリアルな情報を知りたいですし、「そんな危ない地域に行くなんて信じられない」と批判する人たちも、本当は好奇心が刺激されるはずです。

 

命がけでとってきてくれた情報ですから、大切に見るべきでしょう。

 

関連記事

 ヒカキン、セイキン兄弟の共演は安定感もあるし和む!! - 1億2700万人のうちの誰かのために

「ばいとのえいくん」というユーチューバーのメンタリズムがすごい!! - 1億2700万人のうちの誰かのために 

ヒカキンが面白い!!〜動画の感じを少し変えてきている!?〜 - 1億2700万人のうちの誰かのために

 ユーチューバー、ヒカルの新事業について - 1億2700万人のうちの誰かのために