1億2700万人のうちの誰かのために

東京の誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

BUMP OF CHICKENの新曲「記念撮影」、何十回と聴き込んでみた!

数日前にBUMP OF CHICKENの新曲「記念撮影」のリリックビデオがYouTubeでアップロードされました。

 

 BUMP OF CHICKENの曲は聴き込めば聴き込むほど素晴らしいものが多いのですが、今回もそんな感じでした。

 

1.寄り添ってくれる感じ

 

最近のBUMP OF CHICKENの曲は聴き手に寄り添ってくれる良さがあります。

 

単に楽観的に「何とかなるよ」的な歌ではなく、「いろいろあるけどそれでも良いんじゃない」と、聴き手のことを肯定してくれるのです。

 

聴くだけで心がフワッと軽くなるような感じです。

 

「記念撮影」もまさにそんな曲です。

 

2.どこか懐かしい感じ

 

「記念撮影」を聴くと懐かしい感慨を覚えます。

 

BUMP OF CHICKENの過去のアルバムの中では、「orbital period」や「cosmonaut」の中のアルバム曲と雰囲気が似ています。

 

それでいて、曲調は今までにない感じなのですが。

 

どこか懐かしさを感じさせてくれ、あの頃を思い出させてくれる所が素敵です。

 

3.芸術作品

 

「記念撮影」は、もはや芸術作品なのではないかというぐらいよくできています。

 

タイトルの「記念撮影」という言葉は歌詞では全く登場しないのですが、まさに「記念撮影」という感じの楽曲です。

 

記念撮影というのは、過去の一時点を切り取ったものであり、それだけで懐かしさを感じるものでもあります。

 

というか、懐かしむためのものですよね。

 

だから、この曲を聴くと、どこか懐かしい感慨を覚えるのかもしれません。

 

聞き手にある種の感慨を引き起こさせる、聴き手の感情を揺さぶるものが私は芸術だと思います。

 

この「記念撮影」という楽曲はまさに芸術です。

 

4.今までの世界観も反映

 

リリックビデオを見れば分かりますが、やはり天体が出てきます。

 

BUMP OF CHICKENは宇宙に関する楽曲が多いので、その世界観も反映されています。

 

そしてなんといってもすごいのが、このリリックビデオを片目で見ると、途中から立体的に映るようになるということです。

 

こんなささやかな仕掛けが隠されていたとは。

 

5.まとめ

 

懐かしい感慨を引き起こしつつも、今までになかったような楽曲である「記念撮影」、聴けば聴くほどに味が出てきますよ。

 

 

記念撮影

記念撮影