1億2700万人のうちの誰かのために

東京の誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

日本地理をザッと学びたい人にオススメの本、『読むだけですっきりわかる日本地理』

日本地理をザッと網羅的に学べる本を探していた所、この本に出会いました。

 

同じシリーズで歴史版があるのは知っていましたが、地理も出版されていたとは!?

 

早速購入しましたので、紹介します。

 

1.網羅的に学べる

 

大人が最後に日本地理を網羅的に学んだのはいつでしょうか?

 

恐らく、中一の時が最後なのではないかと思います。

 

しかも、中一の地理は世界地理が大変ですから、日本地理の方はあまり記憶に残らないんですよね、、、

 

高校の地理は、「世界の中の日本」という面があるので、日本を客観視する視点は身に付きますが、日本地理について網羅的には学べません。

 

となると、日本にいるのに日本の地理があまり分かっていないという人がたくさんいるのではないでしょうか。

 

かつての私がそうでしたから。

 

この『読むだけですっきりわかる日本地理』を読めば、日本地理についてかなり網羅的に、体系的に学べますよ。

 

2.構成

 

本の構成は、各地域別に章分けされています。

 

そして、その章の中でさらに「地形」「気候」「農業」「畜産」などなど、項目がたくさんあり、その解説が書かれています。

 

この本一冊で、「日本地理には自信がある」と胸を張って言えるぐらいにまで知識を身につけることができるのです。

 

3.魅力

 

読んでいくうちに様々な知識か繋がってきます。

 

いろんな関連事項や作者が旅行に行った時の話などが散りばめられているからです。

 

楽しい語り口調で、実際に旅行に行った気分になれますし、スマホで気になった土地を画像検索すれば効果は倍増です。

 

そして、知識があれば旅行はより楽しくなります。

 

過去にその土地にどのような人がいたのか、どんな歴史的出来事があったのかを知れば、当時の人々の暮らしに思いを馳せることができます。

 

どのような特産品が有名なのかを知れば、それを食べた時の感慨も変わってきます。

 

ガイドブックでも良いですが、もう少し学問的に、体系的に、でも堅苦しくなり過ぎず、丁度良い塩梅で知識を得ることができる所がオススメです。

 

 

 

 

読むだけですっきりわかる日本地理 (宝島SUGOI文庫)

読むだけですっきりわかる日本地理 (宝島SUGOI文庫)