1億2700万人のうちの誰かのために

東京の誰かの役に立つような内容をたくさん発信していきます。

東大日本史を学べる本Part1、『東大の日本史「超」講義』

東大の日本史って面白いよという趣旨の本がたくさん出版されています。

 

私はそのだいたいを購入しましたので、順番に記事にしていきます。

 

今回は東進ハイスクールでも教鞭をとられていた相澤理先生の『東大の日本史「超」講義』についてです。

 

1.構成

 

実際に編集者が東大の入試問題を解いてみて、その解説を先生が行った後に添削と模範解答例が示されます。

 

私は東大を受けるためではなく日本史を学ぶために読みましたので、問題を実際に解かずに読みました。

 

でも受験生や東大受験を考えている人は、この本で東大の入試問題に向き合うことができます。

 

真剣に考えて問題を解いて、しっかり解説を読み込めば、東大を受けるための日本史力が身につくようです。

 

同じ相澤先生の著書に『東大のディープな日本史』シリーズがありますが、そっちよりも東大受験生よりの本になっています。

 

2.独学できる

 

よって、この本を使うことで東大の日本史に対応しうるだけの独学ができます。

 

もちろん、収録されている問題数は問題集には及びませんが、一つ一つの解説が丁寧なので、一つの問題からたくさんのことを学べます。

 

そして、編集者が実際に問題を解いていてそこにダメ出ししていくという形式なので、本番でどういう書き方をすると減点になるのかなどもよく分かります。

 

論述初心者が陥りがちな、知っていることを書いただけで問いに対する答えになっていない、ただ事実を並べただけのような解答はバッサリと斬られてしまいますよ。

 

そういう論述の基礎からこの本で学ぶことができます。

 

なので、東大以外の大学を受ける人にとってもプラスになることは間違いなしです。

 

3.時代順で日本史を学べる

 

もちろん、一般の大人が日本史を学び直すのにも役に立ちます。

 

時代順に並んでいますし、かなり噛み砕いて書いてくれていますので。

 

過去に私が紹介してきた読みやすい語り口調の日本史本で軽く日本史の全貌を掴んだ後に読むと、より深い所まで学べて効果がありますよ。

 

スタディサプリ講師、伊藤賀一先生の著書『世界一おもしろい日本史の授業』 - 1億2700万人のうちの誰かのために

 

4.日本史力を上げよう

 

日本史のストーリーをザッと学んだ後は、より深い所まで考えたくなるものです。

 

歴史を大きく見る視点であったり、いくつかの時代を比べてみる視点であったり、あるいは一つの時代についての根本理解であったり、そういう所に目がいくようになります。

 

ある程度の知識があれば、そういう教養を楽しむことができるのです。

 

この本を読むとまさに日本史の教養が身につきます。